芸能

最新芸能記事のRSS

小泉今日子、大河ドラマで女優復帰の理由は「特にない」

2019.01.08 16:00

「宮藤官九郎さん(48才)のオリジナル脚本で人気の朝ドラ『あまちゃん』のスタッフも集結するとあって、

「宮藤官九郎さん(48才)のオリジナル脚本で人気の朝ドラ『あまちゃん』のスタッフも集結するとあって、ありえないほど大御所俳優たちの出演がすんなりと決まっていったようです」(NHK関係者)

 近年ないほどの豪華キャストが集うNHK大河ドラマが1月6日にスタートした。『いだてん~東京オリムピック噺~』だ。

 主演の中村勘九郎、阿部サダヲに加え、綾瀬はるか、竹野内豊、中村獅童、大竹しのぶ、役所広司、ピエール瀧、松尾スズキ、森山未來…星野源、ビートたけし、そして小泉今日子(52才)も出演すると発表された。

 たけし演じる落語家・古今亭志ん生の長女にして敏腕マネジャーの美津子役を演じるのが小泉だ。大河ドラマ出演は『峠の群像』(1982年)、『武蔵 MUSASHI』(2003年)に続く3作目で16年ぶり。

「第1話から小泉さんもたけしさんも、錚々たる面々が出演するとあって『絶対見る』という業界視聴率はすでにダントツの1位ですね」(テレビ誌記者)

 とはいえ、小泉は昨年6月に舞台製作などプロデュース業に専念するとして女優休業宣言をしたばかり。しばらくは新規の仕事は受けないと発表していたはずだが…。

「突然の“電撃復帰”に何かあったのではないかと、小泉さんの出演発表に報道陣は騒然としたようです。でも、特に何もないんですよ。小泉さんは休業宣言の際、当時上演中だった舞台『お蘭、登場』、昨年9月公開の主演映画『食べる女』、そして『2019年放送予定のテレビドラマ』の3本には出演すると説明していたのですが、そのテレビドラマが、『いだてん』のことだったというわけです」(前出・テレビ誌記者)

 小泉は2年ほど前から落語の勉強を始め、昨年5月には古今亭志ん生も口演した落語をプロデューサーとして舞台化している。

「下町の文化に造詣があって役柄も彼女に近くぴったりだと、脚本の宮藤さんが熱烈にオファーしたそうです。宮藤さんたっての頼みはさすがに断れないと快諾したようです。すでにほとんどの場面は撮り終えているようですよ」(芸能関係者)

 年末の夕方、東京・渋谷にほど近い大通りをひとりで歩く小泉の姿があった。すっぴんで上下黒に青いマフラーというシンプルなファッション。肩には大きな黒のバッグを提げ、クリーニング店へ入っていく。目立つ格好ではないのに、人目を引いていた。

 九星気学によると小泉の星は七赤金星。2019年の運勢は、家族も仕事も慎重にすすめる必要がある星回りだという。「充電期間」の小泉を見られる貴重な『いだてん』が楽しみだ。

 クリーニング店を出て制作会社の事務所へ向かった小泉。女優だけでなく、裏方の顔ものぞかせた。

※女性セブン2019年1月17・24日号

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP