• TOP
  • 国内
  • 「美智子さまが眞子さまロマンスに終止符」英国紙報道の波紋

国内

2019.01.19 07:00  女性セブン

「美智子さまが眞子さまロマンスに終止符」英国紙報道の波紋

英紙で「ロマンスに終止符」と報じられた眞子さま

 日本の皇室は「世界最古の王室」として、世界中から畏敬の念を集める。今春に控えるのは、第126代天皇への歴史的な「御代替わり」。そんなタイミングで、英国を代表する新聞メディアが、「若き女性皇族の恋の決着」を伝え、波紋を広げている。

「帰国すれば警備の手配も大変ですし、マスコミも注目しているというので、小室圭さんは留学先の米ニューヨークで年越ししたようです。そういう事情なら、婚約内定者として、秋篠宮家に出向いて両殿下や眞子さまに年始のご挨拶をすべきところをできなかったのは、仕方ないのかもしれません。

 とはいえ、秋篠宮家には新年の年賀状も届いておらず、秋篠宮ご夫妻への電話でのご挨拶もないようなんです。どうやら、母親の佳代さんからも、なしのつぶてのようで…」

 怪訝な顔をするのは、ある宮内庁関係者だ。

「ほんとうに、よかったね」。天皇陛下は、15万を超える人が集まった1月2日の新年一般参賀で、予定された5回を超え、日没間近に異例の7回目を終えられたとき、美智子さまをはじめとした皇族方に、そうおっしゃったという。

 平成最後の年、御代がわりの年。万感の思いで、両陛下は最後の務めに臨まれている。11日には、学術分野の第一人者から講義を受けられる「講書始の儀」が皇居・宮殿で行われた。昨年、ノーベル賞を受賞した本庶佑(ほんじょ・たすく)・京都大学特別教授から「免疫の力でがんを治せる時代」という講義を受け、両陛下は手元の資料に目を落としながら、熱心に聞かれた。

《現在85才の明仁天皇は4月30日に退位する。(中略)その翌日には、息子である徳仁親王が菊の玉座に就くことになるだろう。皇室一家は、その時までに、眞子内親王のプライベートに関する遺憾な騒ぎを終わらせることを決めている。》

 そんな報道が昨年12月30日、遠く英国の新聞紙面に躍った。皇室ジャーナリストが言う。

「できるだけ静粛な雰囲気で御代がわりを迎えたい中、譲位と眞子さまの結婚問題を結びつけて報じられるのは、皇室にとって決して好ましいことではありません。しかも、過去の海外の報道とはまったく違う意味合いを持つ記事だけに驚きを隠せませんでした」

 これまでも、眞子さまの結婚問題は海外でたびたび報じられた。昨年7月、米紙『ニューヨーク・タイムズ』は、《小室氏を眞子さまのフィアンセとは呼ばないで》と題した記事を掲載。皇族の正式な婚約にあたる「納采の儀」が行われていないのに、留学先のフォーダム大学がホームページに「プリンセス・マコのフィアンセであるケイ・コムロ」と載せ、宮内庁の抗議によって削除された顛末を報じた。

 それだけでも、日本の皇室にとっては名誉なことではないが、今回の英紙の報道は、関係者に衝撃を与えた。

関連記事

トピックス