• TOP
  • 芸能
  • 大河『いだてん』、綾瀬はるかの存在が現場に与える好影響

芸能

2019.02.12 07:00  女性セブン

大河『いだてん』、綾瀬はるかの存在が現場に与える好影響

現場で“ウラ座長”と呼ばれているという綾瀬はるか

「現場では、綾瀬さんがいちばん明るく元気。あの天然ぶりで周囲を励まし、みんなに“ウラ座長”と呼ばれているそうですよ」。そう感嘆の声を上げるのは、NHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』の制作スタッフ。『いだてん』は脚本を宮藤官九郎(48才)が務め、中村勘九郎(37才)と阿部サダヲ(48才)がダブル主演する異色作で、1月6日の初回は平均視聴率15%超えの好スタートを切った。しかし、その後の視聴率は下降気味で、2月3日放送の第5話は10.2%と、危うく1桁台に落ちてしまいそうな“失速”ぶり。

「それでも現場はピリピリするどころか、いたって和やかな雰囲気なんです。録画視聴率やBS視聴率が好評なこともありますが、なんといっても綾瀬さんの存在が大きい。『いだてん』のスタッフが、綾瀬さんが主演を務めた2013年の大河ドラマ『八重の桜』と同じこともあって、現場スタッフとの息もピッタリのようです」(前出・制作スタッフ)

 綾瀬はるか(33才)が演じるのは、勘九郎演じるドラマ前半の主人公・金栗四三を支える幼なじみ、春野スヤだ。綾瀬は作品の外でも、勘九郎を支えているという。

「綾瀬さんは自身の大河の経験から『長丁場の大河では、食べて寝るのがいちばん!』『走るドラマだけど、最初からダッシュするともたないですよ~』と優しくアドバイスしています。勘九郎さんはそんな綾瀬さんにとても感謝しているそうです」(前出・制作スタッフ)

 そうした周囲への気配りだけでなく、徹底した自己管理も怠らない。

「『八重の桜』や『精霊の守り人』(2015年、NHK)の撮影の時、ハードなアクションをこなすために、腕立て伏せ200回、腹筋30回×5セットを日課にしていたそうです。今回も長丁場に備えて、筋トレを再開したと聞きました」(NHK関係者)

 大河出演経験を生かし、その存在感を発揮する綾瀬。さらに、関係者を喜ばす、ある“匂い”が現場を和ませているようで…。

「綾瀬さんは『インフルエンザ対策にいいのよ』と言ってしょうが紅茶を携帯用ポットに入れて持参しているそうです。しかも、自分だけでなく共演者みんなのためにと、大きなポットも持ってきて、現場にその香りを漂わせています。共演者からは、体が温まると評判のようですよ」(前出・NHK関係者)

 ドラマでは、スヤと四三の恋の行方がいよいよ佳境に入り、今後の展開に期待が集まっている。『いだてん』視聴率回復の鍵は、やっぱり綾瀬が握っている?

※女性セブン2019年2月21日号

関連記事

トピックス