• TOP
  • 芸能
  • テレ朝退社の小川彩佳、『NEWS23』起用ならTBSアナ反発も

芸能

2019.02.20 07:00  NEWSポストセブン

テレ朝退社の小川彩佳、『NEWS23』起用ならTBSアナ反発も

小川彩佳アナの『NEWS23』起用は?(写真は退社発表前の2月)

 平成という時代が終わることも関係しているのか、2018年度末のテレビ界は、人気女子アナの退社が相次いでいる。TBSの吉田明世アナは1月末で退社し、宇垣美里アナも3月いっぱいでの退社を発表済み。一方、テレビ朝日の宇賀なつみアナと小川彩佳アナも退社を発表している。いずれも局の看板番組を担当してきた人気アナだが、退社に対して驚きの声がもっとも大きかったのが小川アナだ。

 小川アナは2007年にテレビ朝日に入社し、入社からわずか4年でテレ朝の看板番組『報道ステーション』に大抜擢。報ステ降板後は『AbemaPrime』(Abema TV)のキャスターに就任し、テレ朝の報道畑のエースとして将来を嘱望されていたが、2月8日に一般男性との結婚を発表し、3月限りで退社することを明かした。

 人気女子アナが結婚を機に退職するというストーリーは珍しいものではないが、小川アナの結婚に世間がざわつくのは、“元カレ”がとびきりの有名人だからだ。2017年2月、『週刊ポスト』が小川アナとアイドルグループ・嵐の櫻井翔との交際を報じ、櫻井が小川アナの自宅を訪ねる写真や、小川アナが櫻井の車に乗り込む様子を伝えた。しかしそれから2年で、小川アナは一般男性との結婚を選んだ。

 ジャニーズと言えば熱狂的なファンが多いことでも知られているが、櫻井との交際が伝えられた当時、意外にもファンの反応は冷静だった。小川アナにはなぜファンからの反発の声が少なかったのか? ベテラン芸能記者の石田春男氏はこう分析する。

「櫻井と小川アナの交際報道が出た時、櫻井ファンの多くが交際を“黙認”したのは、彼女が生粋のお嬢様だったからでしょう。櫻井は元キャリア官僚の父親を持ち、小学校から大学まで慶應に通ったジャニーズきってのお坊ちゃまですが、小川アナも父親が医師で、小学校から大学まで青山学院に通った。小川アナは昨今の女子アナの定番であるミスコン出身ではありませんし、帰国子女で英語はペラペラ。2人には、報道番組でキャスターを務めているという共通点もあり、“あの2人ならお似合いだ”と考えたファンも多かったようです。

 その背景には、同じ嵐のメンバー・二宮和也の影響もあったと思います。二宮は櫻井の交際報道より前に、フリーキャスターのAさんとの交際が『女性セブン』に報じられていますが、Aさんは交際をにおわせるSNSへの投稿を繰り返していたことがわかり、ファンから猛反発の声が出ました。その経緯を知る嵐ファンが、“櫻井クンは変な女に引っかからなくてよかった”と思っても不思議ではありません」(石田氏・以下同)

関連記事

トピックス