国内

天皇皇后両陛下 「最後のおことば」奇跡の10秒間の秘話

 おことばが始まって5分半あたりで、2枚目の原稿を読み終えられた。次に3枚目を読まれるはずが、最初の1枚目をめくられたことに陛下が気づかず、再び冒頭部分を読み始められた。

 その時、とっさに動き出されたのは美智子さまだった。かがむように姿勢を低くして陛下に近づかれる。陛下は戸惑いながらも「違う?」と応じられ、美智子さまは小声で「違うんです」と囁かれた。

 美智子さまが手を伸ばされ、御机に置かれていた3枚目の原稿を、資料の中から探された。美智子さまから原稿を受け取られ、取り違えに気づかれた陛下は「あ、そうか」、「どうも、失礼」とわずかに微笑まれながら美智子さまに視線を送り、再びおことばを読み進められた。その間、約10秒だった。

「会場の誰もが陛下が読み間違えられていることに気づいていない中、美智子さまがとっさの判断で動かれた。美智子さまの立ち位置からは、陛下のお手元の原稿は見えません。つまり、原稿を目で追っていて気づかれたわけではなく、原稿がすべて頭の中に入っていたから、手を差し伸べることができたのでしょう」(別の宮内庁関係者)

 おことばは、陛下がご自身の言葉で執筆され、推敲を重ねられたという。

「美智子さまはお側で、推敲を支えられたそうです。だからこそ、瞬時にフォローができたのでしょう。陛下はおことばを、美智子さまが平成2年に詠まれた御歌(和歌)で締めくくられました。陛下にとって、ずっとお側で寄り添われてきた美智子さまの存在がどれだけ大きなものかを感じさせられました」(前出・宮内庁関係者)

 約9年前、美智子さまがテニスで左膝靱帯を痛められて以来、両陛下が並んで歩かれる時は必ず陛下が腕を出し、美智子さまを支えられてきた。

 昨年6月、2泊3日の福島訪問で美智子さまが38度台の高熱を出された。東日本大震災の被災地への陛下在位中最後の訪問であり、美智子さまは体調不良を押して、すべての行事に出席された。帰京し、東京駅のホームの階段を下りられる際、陛下は右手で手すりを持ち、左手で美智子さまを支えて、美智子さまの様子に気を配りながら一歩一歩、ゆっくりと進まれた。

 両陛下が式典で見せられた一瞬の微笑みは、おふたりが手を携え、長い苦難の道を共に歩まれた末にたどり着かれた境地であろう。私たちはこの最後のおことばを語り継いでいかなければならない。

※女性セブン2019年3月14日号

関連記事

トピックス