• TOP
  • 芸能
  • Jr.改革、ネット進出… 滝沢秀明氏が発揮するプロデュース力

芸能

2019.04.21 07:00  NEWSポストセブン

Jr.改革、ネット進出… 滝沢秀明氏が発揮するプロデュース力

滝沢秀明氏が早くもプロデュース力を発揮

 昨年からアイドル業を退き、プロデュース業に転身した滝沢秀明氏(37)が演出を務める舞台「滝沢歌舞伎ZERO」の東京公演(新橋演舞場)が4月10日からスタートしている。

「滝沢演舞城」を源流とするこの「滝沢歌舞伎」は、これまで13年の間、滝沢氏が主演を務めてきた。そんな滝沢氏の代名詞ともいえる同舞台を「滝沢歌舞伎ZERO」としてリニューアルし、主演の座はジャニーズJr.の9人組グループ「Snow Man」が受け継いだ。

 ジャニーズ事務所に入所して間もない時期から、ジャニー喜多川氏より直々にプロデュースや演出を指南されてきた滝沢氏。惜しまれつつ表舞台から去り、ジャニーズJr.の育成や公演などをプロデュースする「株式会社ジャニーズ・アイランド」代表取締役社長に就任してわずか3か月だが、はやくもプロデュース力の高さが注目を集めているという。

 古くからのジャニーズJr.ファンだというテレビ局勤務の女性・Aさん(30代)は、滝沢氏の社長就任からJr.の世界が大きく変化したと語る。

「タッキーが社長になってからJr.の露出が一気に増えた印象です。とくに一番の変化は、これまでコンサートやアイドル雑誌、『ザ少年倶楽部』(NHK)などの限られたメディアでしか活躍が見られなかった彼らに会える場が増えたことでしょう。テレビバラエティ番組やドラマ、舞台、YouTubeなどで多チャンネル化したことは、ファンにとってはありがたい。より身近な存在に感じるようになり、ますます応援しようという気持ちが強まっているのではないでしょうか」(Aさん)

 とくに、「滝沢歌舞伎ZERO」を継承した「Snow Man」の改革は大きいようだ。6人組だったグループに、関西ジャニーズJr.のなかでも人気の高かった向井康二(24)、嵐などのバックに付いてきた目黒蓮(22)、若干15歳の村上真都ラウール(15)を加入させ、9人体制に生まれ変わらせた。

コメント 1

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス