• TOP
  • 国内
  • 雅子さま、療養生活の決定打は当時の宮内庁長官の言葉か

国内

2019.05.21 07:00  女性セブン

雅子さま、療養生活の決定打は当時の宮内庁長官の言葉か

雅子さまの御髪に蝶がとまり、皇太子さまも満面の笑みがこぼれた(1998年8月、石川県ふれあい昆虫館で)

 1993年ご成婚され、2001年に愛子さまをご出産なさった新皇后雅子さま(55才)。そんな雅子さまが、2003年からご療養に入られた原因とはなんだったのか? 雅子さまは「適応障害」と宮内庁から発表された。

 決定打となったのは雅子さまが退院した後、当時の湯浅利夫宮内庁長官が発した言葉だった。

《皇室の将来を考えると、秋篠宮さまに3人目を希望したい》

 精神科医の片田珠美さんは、この発言が雅子さまを極限まで追い詰めたと指摘する。

「完璧主義で努力家の雅子さまは、それまで自らの努力で成功体験を積み重ねてこられました。それなのに出産後、愛子さまが男児でなかったことで第2子出産の期待が高まり、さらに湯浅長官の発言によって“自分は見捨てられた”との絶望感やストレスに見舞われたはずです」

 そもそも雅子さまは「適応障害」でなかった可能性が高いと片田さんが続ける。

「適応障害とは環境に適応できず情動面や行動面で問題が出現する病気ですが、ストレス因子がなくなれば6か月以内に治るとされます。雅子さまの病状は長すぎるので、適応障害とするのは適当ではありません。

 私は出産によるホルモンバランスの急激な変化に育児不安が重なった『産後うつ』に湯浅長官の不適切発言などのストレスや愛子さまの学校問題などが重なり、うつが長期化したとみています。うつと診断すると本人の性格に原因があるとされかねないため、環境を原因とする適応障害と発表したのではないでしょうか」

 そもそも一度目のご懐妊報道(1999年12月10日の朝日新聞朝刊)は、宮内庁内部の雅子さまに近い者からのリークだといわれている。というのも、非常にデリケートな基礎体温や尿検査といった情報までもが事細かく報じられたからだ。なお、雅子さまはこの報道後は流産された。

 また、愛子さまの公園デビューの時(2003年5月)も、お忍びのつもりが、ふたを開けてみれば一部の報道機関や一般人までもが大挙する大騒ぎに。警備面から強く反対していた宮内庁は、お忍びは難しいという状況をあえてつくり出すため、情報を漏らしたといわれている。

 こうした度重なる出来事に、両陛下は宮内庁に対する不信感を強め、雅子さまはますます孤立を強いられたのだった。

◆そして、ご快復へ

 その後の病状は一進一退だった。2008年4月、愛子さまが学習院初等科に入学されると、雅子さまの笑顔がよく見られるようになった。2009年1月には美智子さまの名代として宮中祭祀に出席され、その後の快復が期待された。

 だが2010年3月、やんちゃな男児が愛子さまや他の児童に乱暴な振る舞いをした「いじめ問題」が発覚すると、雅子さまは1年9か月続く「同伴登校」を開始される。

コメント 21

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス