• TOP
  • 国内
  • 暴力団の宴会、半グレと違い芸人を呼んだら「写真を撮るな」

国内

2019.07.08 16:00  週刊ポスト

暴力団の宴会、半グレと違い芸人を呼んだら「写真を撮るな」

ノンフィクション作家の溝口敦氏

 反社グループへの芸人の闇営業問題が連日、メディアを賑わせている。ヤクザ取材を専門にしてきたノンフィクション作家の溝口敦氏とフリーライターの鈴木智彦氏が、なぜマスコミは事の本質に突っ込まないのか──新聞やテレビの暴力団報道の問題点を突いた。

鈴木:吉本芸人の報道を見ていて、暴力団の宴会だったら普通はバレないのにな、と思いました。俺が知っているヤクザはよく宴会に芸人を呼ぶから何度も同席したことがあるけど、その時は「絶対に写真を撮るな」って何度も言われる。「お前が流すとは思ってないけどカメラに写真があったら何があるか分からないだろ」って、それぐらいナーバスですよ。むしろ相手が半グレの詐欺集団だったからバレたんじゃないか。

溝口:報道を見ておかしいと思うのが、「芸人が反社会的勢力からお金をもらうのが問題だ」ってみんな言うけど、芸人のことばっかり言って、反社会的勢力の側に突っ込んだ記事はないんですよ。吉本興業の今回の処分を見ると、これまで芸人が関係を結んではならない相手は暴力団だけだったが、今回はそれを、特殊詐欺を行なう反社会的勢力にまで拡大した。これは新しい対応なんです。しかし、そのことが新聞やテレビでは触れられていない。

鈴木:その後に発覚したスリムクラブ(内間政成・真栄田賢)の場合は従来型の暴力団の宴会写真ですよね。詐欺で逮捕された犯罪集団と、暴対法で一応は存在を認められている暴力団とは質的に違うだろうと俺は思うんだけど、そこには興味がないんでしょうね。

溝口:半グレが詐欺で稼いだお金が暴力団の資金源になる、と解説されているけど、個人の上納金ならともかく、そんなことが組織的に行なわれているなんて聞いたことない。

鈴木:半グレの奴らはヤクザが嫌いですもんね(笑い)。警察はなんでもかんでも「暴力団の資金源」にしたがるから、その通りに書いているだけ。大本営発表ってやつですよ。

関連記事

トピックス