• TOP
  • 芸能
  • 小室哲哉と泥沼離婚調停 KEIKOに直撃「復縁なんて全っ然」

芸能

2019.10.23 16:00  女性セブン

小室哲哉と泥沼離婚調停 KEIKOに直撃「復縁なんて全っ然」

離婚調停渦中にあるKEIKO

「まだ、ふたりは婚姻関係にありますが関係は修復不可能です。KEIKOさんが昨年、“婚姻関係にあるのだから生活費を入れてほしい”と頼むと、小室さんが離婚を切り出したそうです。すでに離婚調停中で、今年に入り5回も調停が行われているそうです。

 それだけでなく、別居中の生活費である『婚姻費用』についても争っています。小室さんが最初、KEIKOさんに提示したのは月額8万円だったと聞きました。あんなに収入があるのに、さすがにその額はおかしいとKEIKOさんは思っていて…」

 ふたりに亀裂が入った事の発端は、昨年1月。病に倒れたKEIKOの看病に追われていたはずの小室氏が、看護師と数年来にわたって不倫関係にあると『週刊文春』に報じられたことだ。

 即座に会見を開いた小室氏は、病床のKEIKOが音楽に関心を持たないことや、会話や集中力が続かず「小学4年生の漢字ドリル」をやっていることなどを赤裸々に語り、介護で心身疲れ果てたとして突然の引退を表明した。

「看護師の存在を知らなかったKEIKOさんは小室さんの会見をテレビで見て、涙を流したそうです。それに、彼女の本来の姿は小室さんが話すような状態ではなかったので、公の場でウソをつかれたことにショックを受けていました。会見以降、小室さんと彼女が顔を合わせることは一度もなかったそうです」(別の芸能関係者)

 それからというもの、連絡を取り合う際は弁護士を通じてで、直接話すことはなくなったという。そして、離婚調停へと進展した。

「その調停が難航しているんです。KEIKOさんも離婚の成立を望んでいるのですが、なかなか認められずにいる。なんでも、小室さんに対して、うやむやにしてほしくない件があるようなんです」(前出・別の芸能関係者)

◆年間1億円の収入もセコすぎる対応

年間1億円の収入があるという小室哲哉氏

関連記事

トピックス