• TOP
  • 国内
  • 謝罪で振り返る2019年 吉本興業、徳井義実、笠りつ子他

国内

2019.12.21 16:00  週刊ポスト

謝罪で振り返る2019年 吉本興業、徳井義実、笠りつ子他

人気芸人が頭を下げた(時事通信フォト)

 今年もいろんな人が深々と頭を垂れた。ここでは芸能・スポーツ界の主な謝罪会見を振り返ってみよう。

●闇営業と「全員クビ」発言で踏んだり蹴ったりの“ダブル”謝罪会見
・岡本昭彦(吉本興業社長)
・田村亮(ロンドンブーツ1号2号)
・宮迫博之(雨上がり決死隊)

吉本興業社長の謝罪会見は「ダブル」で謝罪することに(時事通信フォト)

 7月20日、宮迫博之と田村亮らが反社会勢力の会合に出席、金銭を受け取った闇営業問題で会見を開き謝罪した。その2日後、岡本昭彦社長も謝罪会見を開いたが、「会見したら、おまえら全員クビにする」という芸人たちへの“圧力発言”についても謝罪する事態になった。宮迫、田村の復帰の道はいまだ見えない。

●1億2000万円の申告漏れで出演番組が続々自粛
・徳井義実(チュートリアル)

「想像を絶するルーズさ」というフレーズも話題に(写真/AFLO)

 2018年までの7年で約1億2000万円の申告漏れが判明。10月23日の会見では「想像を絶するルーズさ」と自身のだらしなさを釈明し、活動を自粛した。

●元アイドルが長~い土下座で期した捲土重来
・田口淳之介(元KAT-TUN)

元アイドルの土下座は話題を呼んだ(時事通信フォト)

 6月7日、大麻取締法違反の罪で逮捕勾留されていた警視庁・東京湾岸署から保釈されると、報道陣の前で20秒間に及ぶ土下座。11月4日、活動再開を発表した。

関連記事

トピックス