• TOP
  • 芸能
  • 杏、実母から12億円請求される 霊能者の存在と家族という宿痾

芸能

2020.04.15 15:55  女性セブン

杏、実母から12億円請求される 霊能者の存在と家族という宿痾

4月14日、自身の誕生日に、子供3人と犬の散歩に出た杏。やはり母や夫の姿はなかった

 夫・東出昌大(32才)の不倫騒動で同情の声が集まる杏(34才)に、今度は実母とのトラブルが明るみに出た。父・渡辺謙(60才)と母が離婚した際に、杏は自らの意思で母親と暮らすことを選択し、二人三脚で歩んできたはず。母娘はなぜ決別したのか──。

 鉄筋コンクリート造りのモダンな一戸建てから、「いーち、にー、さーん」という元気な女の子のかけ声が聞こえてくる。「寒いから、そろそろ家の中に入りなさい」。そう優しげに声をかけた母親は、渦中の杏だった。4月上旬、この自宅に変化があったという。

「工事業者が出入りしていて、大きな荷物を運び込んでいました。大がかりな工事が始まるのでしょうか。いろいろあったから、リフォームしているのかなぁ」(近所の住民)

 いまの杏は、すべてを白紙に戻したい──そんな心境かもしれない。

 夫・東出昌大の不倫で身も心もすり減らした杏に、「もう1つの家族問題」が発覚した。『週刊新潮』(4月16日号)が、実母・A子さんとの骨肉裁判を報じたのだ。

 杏は芸能事務所「トップコート」に所属しているが、2009年に節税目的で個人事務所を設立。実母は代表取締役に就いた。トップコートからのギャランティーが個人事務所に入り、「従業員」の杏に給与が支払われる、という構図だ。だが2014年、杏は個人事務所を退社し、再びトップコートとの直接契約に戻すと実母に通達。

 これに対しA子さんは、「無効」だと応戦。母と娘の争いは、2015年に調停を申し立てるも不調に終わり、ついに2017年の年末に訴訟にまで発展した。A子さんの請求は、杏が個人事務所の従業員であることの確認と、調停の席で自らの名誉を毀損したとして、慰謝料1000万円。さらに、杏がそのまま個人事務所に所属し続けたとして20年間の利益を約12億円と算出し、まずは3000万円を補填せよというものだ。

甘えたい盛りの息子は杏の脚にすがりついていた

関連記事

トピックス