• TOP
  • 芸能
  • 杏、実母から12億円請求される 霊能者の存在と家族という宿痾

芸能

2020.04.15 15:55  女性セブン

杏、実母から12億円請求される 霊能者の存在と家族という宿痾

渦中の杏

 良好な関係を築いていたはずの母娘に、何が起きていたのか。裁判資料には、杏と実母の間に刻まれた溝の深さが記されていた──。

 杏は1986年に渡辺謙とA子さんとの間に生まれた。2才上の兄・大(35才)とともに、人気俳優の娘として不自由のない人生を歩んでいたが、杏が高校生のときに歯車が狂い始める。

 2002年に両親が別居すると、同年7月に渡辺が「離婚成立」と「子供の親権」を求めてA子さんを提訴。その裁判で、驚きの事実が明らかになった。

「A子さんが杏さんの同級生の保護者を含む知人50人から、約2億円もの借金をしていたこと。同時期に心酔していた宗教団体に、約2億5000万円もの大金を振り込んでいたことが明かされました。A子さんの借金を理由に渡辺さんは離婚を申し出たわけですが、これにA子さんが反撃。渡辺さんの不倫疑惑を、女優9人の実名とともに証言したんです。

 当然、家族は崩壊。別居時には渡辺さんが杏さんを連れて家を出たのですが、父親の不貞を知った杏さんが自分の意思でA子さんの元に戻っています。その後、裁判は渡辺さんの勝訴で決着しましたが、杏さんの親権はA子さんが持つことになりました」(芸能関係者)

 以降、母娘で借金返済の“いばらの道”を歩むことになる。

 杏は「借金があるのに学校には通えない」と高校を中退。芸能活動に専念した。親の七光りを避け渡辺姓を名乗らず、モデルとしてキャリアを積み重ねていく。単身での海外留学生活は苦労の連続だった。そして女優業にも進出、2008年には「トップコート」に所属。個人事務所社長にA子さんを据えてスタートを切った。

 蜜月といわれた母娘関係に終止符が打たれた2014年は、杏にとっては大きな出来事が2つ重なっている。

 1つめは杏がNHK連続テレビ小説『ごちそうさん』で共演した東出と、交際をスタートさせたこと。もう1つは、母の借金の完済だ。だが、杏の中では、このタイミングでの決別は以前から決めていたことだった。

父・渡辺謙は見守る(撮影/浅野剛)

関連記事

トピックス