国内

悠仁さま「伊勢神宮私的参拝」に秋篠宮家事務方トップ同行の「違和感」 秋篠宮ご夫妻、佳子さまの公務を差し置いて

新幹線に、名古屋駅からはお車に、乗られ、参拝された(写真は神宮美術館(伊勢市)訪問時)

新幹線に、名古屋駅からはお車に、乗られ、参拝された(写真は神宮美術館(伊勢市)訪問時。写真/JMPA)

 天皇皇后両陛下が栃木県で開催された「国民体育大会」の開会式に出席されるため、10月1日に2年8か月ぶりに地方を訪問された。まさに同じ日の朝8時過ぎ、秋篠宮家の長男、悠仁さまのお姿は東京駅にあった。

 その日悠仁さまは、筑波大学付属高校の試験休みを利用し、三重県伊勢市にひとり旅に出発された。

「『神宮美術館』などで開かれている伊勢神宮と正倉院のゆかりの文化財を集めた特別展『生きる正倉院 伊勢神宮と正倉院が紡ぐもの』を伊勢神宮側の願い出を受けてご覧になるのが主目的で、その“ついで”に、皇室と深い縁のある伊勢神宮を参拝される旅行でした」(皇室記者)

 愛子さまの伊勢参拝が実現していないタイミングでの悠仁さまの参拝には疑問の声も挙がっていたが、その声をかわすように、宮内庁は“私的な旅行”であることと、あくまで先方からの願い出を受けたものだと強調していた。

 東京駅での悠仁さまは、10人ほどのお付きの人や警察官に囲まれて、紺のブレザーとグレーのズボンという、かしこまった服装だった。マスクをつけた悠仁さまはうつむき加減で、手は軽くこぶしを握って歩かれていた。

「朝から多くの行楽客がいましたが、悠仁さまに気がついた人はいませんでした。悠仁さまの足取りは少し重そうで、朝早くの出発なので、まだ眠いのかなと心配になりました。悠仁さまはグリーン車に乗られて出発されました」(別の皇室記者)

 悠仁さまは名古屋駅で下車されると、愛知県警の警察官に護衛され、お車で三重県伊勢市まで向かった。名古屋駅でも悠仁さまに気づいた人はほとんどいなかったという。

 伊勢神宮の隣にある商店街、おはらい町やおかげ横丁は多くの人が訪れていて、多くの店で会計待ちの列ができる盛況ぶり。伊勢神宮の内宮も外宮も多くの人が訪れ、参拝にも待ち時間があった。

 悠仁さまが伊勢神宮の外宮に到着されたのは昼12時半頃。その少し前から一般客の参拝はストップされ、多くの人が参拝再開を待っていた。それを横目に、悠仁さまを乗せた黒いセダンがスピードを落とさず伊勢神宮に入っていった。スモークガラスだったため、悠仁さまのお姿はシルエットも見えなかった。

 斎館で昼食と休憩を取られた悠仁さまは、外宮に続いて内宮を参拝された。白装束の神主やグレーの制服を着た警備など約20人に先導され、静々と歩いてこられた。朝お召しだった服装からぐっとフォーマル度をあげて、高校の入学式の際に着用された、紺色のスーツに着替えられていた。

「警備からは、“悠仁殿下をご覧になるなら、起立してお待ちください”とご注意事項が告げられました。悠仁さまはまっすぐ前を向き、こぶしを握り、マスクを外していっらしゃいました。後ろ姿が父親の秋篠宮さまにそっくりでした。背が伸びてご成長を感じましたし、とてもりりしく思いました」(居合わせた参拝客)

関連記事

トピックス

人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
28年ぶりに『NHK紅白歌合戦』へ出場する篠原涼子
篠原涼子、28年ぶりの紅白歌合戦出場で注目集まる前回超えの「大胆衣装」
週刊ポスト
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
玄関のインターフォンにうつる配達員男性
《告発》「ひとめぼれしました…」60代『出前館』配達員男が女性宅ポストに恐怖の手紙 被害者女性が耳を疑った運営元の対応
NEWSポストセブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
ヒロミと松本伊代
松本伊代「落とし穴」で骨折の重症 収録中に「人間ロケット」花火1万本で大やけどを負った夫・ヒロミの“沈黙”
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン