芸能

読者が選んだ「実現したら最高な紅白歌合戦」タモリ司会、明菜と永ちゃんが歌リレー

「もし実現したら最高な紅白歌合戦」シナリオを作成

「もし実現したら最高な紅白歌合戦」のシナリオを作成(写真/女性セブン)

「若者に媚びている」「中高年は切り捨て」──2022年の紅白歌合戦の出場歌手が発表されると、大きな批判が沸き上がった。ならば、理想の歌合戦を自分たちで決めようではないか! ということで、「週刊ポスト」読者1060人のアンケートを実施。数多く票の入った司会者と歌をもとに、「もし実現したら最高な紅白歌合戦」シナリオを作成した。夢の紅白歌合戦はどうなる?

 * * *
「そろそろ行ってもいいかな?」「いいとも!」

 司会のタモリの一声で始まった“最高の妄想紅白”は大島優子、指原莉乃らが一夜限りの復帰をしたAKB48の「恋するフォーチュンクッキー」で幕を開けた。

 中盤、出場3回目の中島みゆきが初めてNHKホールでメドレーを歌い終えると、「白組は44年前、私と熱愛を噂された松山千春さんです」と紹介。ギターを持ってステージ真ん中に座った松山は「紅白は拒否してきたけど、みゆきとの対決だから特別に出た」と延々と語り始める。控え室では北島三郎が「俺たちの歌う時間がなくなるじゃないか!」と激怒。松山の話は8分にも及んだが、ダン池田が超高速テンポでニュー・ブリードを指揮して(※1)事なきを得た。

【※1:ダン池田とニュー・ブリードは、第25回(1974年)を除き、第23回(1972年)~第35回(1984年)に伴奏を担当】

 終盤に差し掛かり、2022年で引退の加山雄三が登場。「君といつまでも」を熱唱すると、奇抜なイントロが流れる。加山が「『仮面ライダー』! じゃなくて『仮面舞踏会』!」と紹介すると少年隊が踊り始めた。横で手拍子しながら見守った加山は「36年越しの曲名訂正(※2)で、心置きなく引退できます」と泣いた。

【※2:第37回(1986年)で、白組司会の加山雄三が少年隊を紹介する際に「仮面舞踏会」を「仮面ライダー」と言い間違えた】

 夜11時を回ると、ついに中森明菜が姿を現わした。「飾りじゃないのよ涙は」「ミ・アモーレ」を歌い終えると、お辞儀しながら「ありがとうございました」と呟いた。異例のMCで「皆さんのおかげで復帰できました」と

 感謝を述べた明菜は「16年前にカバーさせていただいた、私の大好きな矢沢永吉さんの曲を歌わせてください」と「チャイナタウン」を披露。2番になると、舞台袖から矢沢が登場する。何も知らなかった明菜は思わず嗚咽。矢沢は明菜の肩を抱き寄せ「よく頑張ってきたね」とねぎらう。その時、カメラは感涙する松田聖子を捉えていた。

「止まらないHa~Ha」のイントロが流れ始めると、矢沢のもとに桑田佳祐や松任谷由実、SMAPなどがタオルを持って集まる。聖子は明菜の元に駆け寄り、観客も総立ちに。矢沢が「カモン!」と叫ぶと、無数のタオルがNHKホールに舞った。手持ち無沙汰の客がマスクを上に放り投げると、総合司会の桑子真帆が「マスクを投げるのはお辞めください」とアナウンスする異常事態に。

 狂喜乱舞の中、ちあきなおみが30年ぶりに公の場に立つ。「喝采」を披露すると、地鳴りのような拍手が巻き起こった。大トリは43年ぶりに紅白に帰ってきた山口百恵。ステージに置かれたマイクを拾い、「いい日旅立ち」を歌うと、無言でNHKホールを後にした──。

関連記事

トピックス

《溢れる動物愛》三浦百恵さん、飼い始めて10年以上の“巨大ガメ”が産卵 2匹のトイプードルの毎日の散歩は三浦友和とともに
《溢れる動物愛》三浦百恵さん、飼い始めて10年以上の“巨大ガメ”が産卵 2匹のトイプードルの毎日の散歩は三浦友和とともに
女性セブン
ハーゲンダッツ ジャパンの新商品発表会に登壇した小松菜奈
【8.5頭身の圧巻スタイル】小松菜奈「紫色のスレンダーボディ」「出会った人すべてが恋に落ちる」どうしようもない魅力
女性セブン
田村瑠奈被告
【テキーラに浮かぶ眼球】ススキノ事件・瑠奈被告(30)が愛した「怪談バー」 ずっしりと重い“人の生首”も 逮捕直前、夫婦が行きつけの店で交わした会話
NEWSポストセブン
問題視されたポスター(現在は撤去済み)
《風営法違反で警告》選挙ポスター掲示板「女性専用風俗店」の運営者が罪に問われる可能性 弁護士が指摘
NEWSポストセブン
日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
《ススキノ頭部切断》瑠奈被告(30)の友人が語る「“るーちゃん”が激高した夜」
NEWSポストセブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【オシャレ最上級者】杉咲花と交際中の若葉竜也「2500円の私服Tシャツ」の意味深ロゴ「アンメット」にかけていたのか
NEWSポストセブン
河合悠祐候補と、ほぼ裸ポスターのモデルとなった桜井MIU
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》女性モデル“みだら写真”の迷惑防止条例違反と公職選挙法、憲法の関係は 弁護士が解説
NEWSポストセブン
宮沢りえ
《テカテカでも好感度大》宮沢りえ、松嶋菜々子…“アラフィフらしい姿”が支持される理由 「若さ」よりも重視される「自然体かどうか」
NEWSポストセブン
櫻井翔が母校のために作詞
《会場は感動の嵐》櫻井翔、母校・慶應幼稚舎150周年のために「リリック」を書き上げる、記念式典では児童全員が合唱
女性セブン
河合悠祐候補と、ほぼ裸ポスターのモデルとなった桜井MIU
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》女性モデル“みだら写真”の迷惑防止条例違反と公職選挙法、憲法の関係は 弁護士が解説
NEWSポストセブン
キムタクは目下、無実の罪を背負った脱獄犯役を熱演中。Koki,も毎週、手に汗握って見守る
【原作は韓国の人気ウェブ漫画】Koki,が主演映画を撮影中「外見にコンプレックスを持つ女子高生がメイクで女神に変身する」難役に挑戦
女性セブン
中村芝翫と三田寛子(インスタグラムより)
「三田寛子さんに謝るべきだ」愛人と同棲状態の中村芝翫、忠告した友人を“出禁状態”に 事務所は「芝翫が誰かを出禁にすることは一切ございません」と回答
NEWSポストセブン