国内

『虎に翼』を楽しんでいらっしゃる雅子さまと愛子さま 女性天皇への期待高まるなか、揺れるお立場に「日本初の女性弁護士の物語」を重ねられて

全国赤十字大会ではスピーチに目を潤ませる場面もあった(4月、東京・千代田区。写真/JMPA)

全国赤十字大会ではスピーチに目を潤ませる場面もあった(4月、東京・千代田区。写真/JMPA)

「均等法第一世代」として就職した女性たちが徐々に定年期を迎えている。仕事、結婚、出産、育児──さまざまな“壁”を乗り越えて自身の道を切り開いた彼女たちの苦労は並大抵ではなかっただろう。大きな希望を胸に、社会に羽ばたいていかれた均等法第一世代の雅子さま、そして今年雅子さまに背中を押され就職された愛子さま。おふたりに女性活躍の先駆者であった朝ドラの主人公が訴えかけるものとは──。

 愛子さまが日本赤十字社(以下、日赤)に入社されてから、間もなく2か月が経とうとしている。4月、5月はほぼカレンダー通りに出勤されている愛子さまが、職場に到着するのは、決まって朝8時半すぎ。

 出勤初日には「身が引き締まる思いです」と緊張気味に話されていた愛子さまだが、青少年・ボランティア課での仕事にも慣れてこられたようだ。少し余裕も生まれたようで、5月中旬には初となる単独公務もつつがなく終えられた。

 充実の初夏を迎えられている一方で、愛子さまの周囲がにわかに騒がしい。5月中旬に「毎日新聞」が実施した全国世論調査によれば、女性天皇を認めることに80%以上の国民が賛成したという。

「愛子さまのご活躍を受けてか、女性皇族が結婚後も皇室にとどまることばかりか、『愛子天皇』実現への期待感も高まっています。ご自身の将来が不透明ななか、愛子さまが精力的に仕事をこなし続けられるのは、毎朝出社前にご覧になっている、テレビドラマに勇気づけられているからかもしれません」(皇室記者)

 日赤が年に一度行う全国赤十字大会が5月15日に開催され、日赤名誉総裁の雅子さまが出席された。雅子さまは能登半島地震の被災地でボランティアをした学生や、ガザ地区で救援活動を行った看護師の話に熱心に耳を傾けられた。

「その日、愛子さまは雅子さまより数時間早く会場入りし、皇族としてではなく日赤の職員として、来場者の誘導や案内をご担当されたようです」(日赤関係者)

 愛子さまの奮闘のかたわらで、雅子さまは大会出席者との懇談にも臨まれた。

「出席者の中に、明治大学法学部出身の代議士がいたそうです。明治大学の法学部といえば、現在放送中のNHK連続テレビ小説『虎に翼』の主人公のモデルが通った大学です。雅子さまはいつもお会いされる相手の経歴や背景を事前に頭に入れられ、丁寧に話しかけられます。

 その代議士には出身大学をきっかけに、雅子さまから“『虎に翼』は見ていらっしゃいますか?”と話題を振られたそうで、朝ドラトークに花が咲いたとか。毎朝、愛子さまと一緒にご覧になられているのでしょう」(前出・皇室記者)

関連記事

トピックス

SNSで拡散されている動画
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》自らの“みだら写真”を貼った女性は迷惑防止条例違反にあたるのか 弁護士の見解は
NEWSポストセブン
過度な束縛と暴力性があった伊藤被告(SNSより)
《懲役18年判決・横浜女子大生ストーカー殺人》「お腹をグーで…」元恋人が伊藤龍稀被告を断ち切れなかった背景に“暴力”と“脅し”「別れたらどうなるか知らないよ」「破局後もバイト先までつきまとい」
NEWSポストセブン
詐欺容疑で逮捕された今野容疑者(左)と辻容疑者(右)
【逮捕】元国会議員で弁護士の今野智博容疑者が名義貸しで着手金1割をポケットに「何もせずに5000万円」の大儲け 法曹界隈で有名だった「グレーな金稼ぎ」の実態
NEWSポストセブン
目黒蓮
《独占キャッチ》目黒蓮がミラノでのFENDIコレクション参加 帰国時もジャケットとスニーカーはきっちりFENDIの“アンバサダーの鑑”
女性セブン
ギヨーム皇太子とがっちり握手(2024年6月、東京・港区。写真/宮内庁提供)
悠仁さま、英語力は「コミュニケーションは問題なし」 ルクセンブルクの皇太子との夕食会は“通訳なし”、NHKの英語副音声で勉強か
女性セブン
25年以上も趣味で歌い続けたジャズのコンサートを昨年行った吉川美代子
長野智子アナはラジオ帯番組で“アップデート”、吉川美代子アナはいまもTBSの研修を担当【女性キャスターたちの現在地】
女性セブン
《ダンスがつなぐ笑顔の交流》佳子さま、「ドレミファダンスコンサート」を鑑賞 マツケンサンバにあわせてボンボンを振られる一幕も
《ダンスがつなぐ笑顔の交流》佳子さま、「ドレミファダンスコンサート」を鑑賞 マツケンサンバにあわせてボンボンを振られる一幕も
女性セブン
中尾彬さんの相続に関し、元妻が告白
【終活は万全に見えたが…】中尾彬さんに相続問題浮上 法定相続人である“元妻との息子”への連絡は一切なし、元妻が告白「怒っています」
ご出席がかなうかどうかはご体調次第(5月、栃木県塩谷郡。写真/JMPA)
雅子さまの訪英に主治医「極秘同行」か 全ての日程にご出席を果たして「完全復活」を証明するための“安心材料”に
女性セブン
大谷翔平の自宅暴露報道が波紋を呼んでいる(写真/Getty Images)
《出禁騒動》大谷翔平を激怒させたフジテレビ、『イット』や『めざまし8』で新居の所在を暴露 メジャー機構も調査開始か
女性セブン
空港で機内にチェックインする際、マスクを外して本人確認をする小室さん夫妻
《現地紙も報道》小室圭さんがNYの高級ホテルで行われた晩餐会に 参加者は日米財界を代表する団体、企業のトップや幹部ばかり
女性セブン
杉咲花
【ファッション上級者】杉咲花と若葉竜也「私生活はゆるふわシャカシャカ」お似合いカップルコーデ「実は超有名ブランド」
NEWSポストセブン