• TOP
  • 国内
  • 梅田彩佳 7日しかなかった昭和64年「あるある」を語る

国内

2016.06.14 07:00  女性セブン

梅田彩佳 7日しかなかった昭和64年「あるある」を語る

 昭和64年、昭和天皇崩御という大きなニュースに埋もれた少女誘拐殺人事件を描いた映画『64―ロクヨン―』(東宝系)が話題。7日間しかなかった「昭和64年」は、インターネット上で都市伝説のように扱われてもいる。しかしあの7日間は確かに存在し、誰もが通り過ぎてきた日々だ。そこで、1月3日から7日までを振り返ってみよう。

■1月3日
“ロクヨン”に産声を上げたベビーはおよそ2万3900人(1989年の出生総数124万6802人から算出)。有名人では体操の内村航平選手(27才)や、4月にAKB48を卒業した梅田彩佳(27才)がこの日、誕生した。梅田は言う。

「本当は昭和63年12月23日に生まれる予定が、長引いたそうです。でもロクヨンでよかった。すごくレアだし、初対面でも盛り上がれますから。同郷の内村選手とはお会いしたことないんですけど、ロクヨン話をしてみたいですね。ひそかに妙な連帯感を持っていたんです。

 ただロクヨン生まれだったことで、高校受験の願書にある生年月日のところが、昭和63年生まれか平成元年生まれしか選択肢がなくて、先生から“お前は平成元年にしとけ”と言われ、本当は昭和64年なのに!と思ったことがありました。今でも市役所や区役所ですぐわかってもらえないのも“ロクヨンあるある”です」

■1月4日
 美空ひばりさん(享年52)の生涯最後のワンマンショー『春一番!熱唱美空ひばり』(TBS系)が放送されたこの日。『川の流れのように』を歌唱後、森繁久彌さん(享年96)の激励を受け、号泣したことで話題に。

「体調がすぐれないはずなのに、気迫がすごかったですよね。後日“この番組が最後になるのよ”ってひばりさん自身が言ってたって知って、私も泣きましたねぇ…」(67才・パート)

■1月5日
 最高視聴率44%を記録した連続テレビ小説『純ちゃんの応援歌』(NHK、昭和63年10月~平成元年4月)が放送されていたこの頃。山口智子(51才)と唐沢寿明(53才)が結婚したきっかけが同ドラマでの兄妹での初共演だった。

 海の向こうでは、かねてから不仲が伝えられていたマドンナ(57才)とショーン・ペン(55才)のお騒がせカップルが離婚。世界に衝撃が走った。

■1月6日
 新聞の小さなベタ記事で報道されたのが小柳ルミ子(63才)の結婚。まだ年下男性との結婚が多くないなか、小柳の相手が13才下の無名のバックダンサーだった大澄賢也(50才)とあってニュースに。ラブラブ会見も話題を呼んでいた。

 また、この日に衝撃をもって伝えられたのが、昭和30年代に一世を風靡したタレント桜京美さん(享年58)が自宅で亡くなり、死後2か月経って発見された事件。当時はまだ「孤独死」という言葉はなかった。

 この日は、昨年プロボクサーを引退した、亀田大毅(27才)の誕生日でもある。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス