芸能

熊切あさ美 ヤクルト山田とマンション通い愛をキャッチ

熊切は店を出ると山田のマンションへ

 タレントの熊切あさ美(36才)が、東京ヤクルトスワローズの山田哲人選手(24才)の自宅マンションに通う姿をキャッチした──。

 将来は長嶋茂雄かイチローか──プロ野球界の若きスター選手として期待される山田。ヤクルトがドラフトで“ハンカチ王子”こと斎藤佑樹(28才)を1位指名したがクジで外れ、獲得したのが山田だった。

「野球選手としては細身の体ですが、イチローのようにヒットを打ちまくるし、王貞治のようにホームランを打つし、足が速いので盗塁も得意な天才選手です。2014年に日本人右打者のシーズン最多安打記録を作ると、昨年は日本シリーズ史上初の1試合3打席連続ホームランを記録し、『トリプルスリー』も達成して、リーグMVPに輝きました」(球団関係者)

「打率3割・30本塁打・30盗塁超え」のトリプルスリーは、過去に10人しか達成していない。しかも山田は今シーズンもトリプルスリーが確実な状況で、2年連続達成なら80余年のプロ野球史初の偉業となる。

「関ジャニ∞の村上信五(34才)に似ていると評判の優しそうで甘いマスク。年俸は推定2億2000万円です。しかもまだ24才。実力もモテ力も球界No.1です。ここだけの話ですが、元有名アイドルグループのOさんと交際中という話もあります」(芸能関係者)

 女性セブンはさっそく山田選手の周辺の取材を開始した。すると、モテモテエピソードが出るわ出るわ。

「某テレビ局でスポーツキャスターをやっている女子アナと深い仲らしい」(スポーツ紙記者)
「今人気の“愛人にしたいナンバー1”タレントが山田選手にぞっこんなんだって」(別の芸能関係者)

 いったい山田の本命は誰なのか。7月下旬のある熱帯夜、山田の自宅マンションに姿を見せたのは…なんと、あの熊切あさ美(36才)だった。

 昨年5月、同棲していた歌舞伎役者・片岡愛之助(44才)と破局したことが大きな話題になった熊切。しかし、愛之助はその後、藤原紀香(45才)との結婚を発表した。

 そんな熊切は8月7日、『サンデージャポン』(TBS系)で新しい恋を告白している。爆笑問題の太田光に「歌舞伎の人といろいろ…」と話題をふられると「忘れちゃいました、その過去」とあっけらかん。テリー伊藤に「彼氏はできたのか?」と聞かれると、否定はしなかったものの「いろいろあったのに誘ってくださるかたが増えて」と満面の笑み。さらには「最近、久しぶりにキュンってきた瞬間があって、やっとそういう気持ちを取り戻した」と言い、「ちょっと好きな人が…」と明かしたのだ。

関連記事

トピックス

電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
大谷
《大谷翔平の電撃婚》発表の2月29日は「円満離婚の日」 記念日制定者は取材に「光栄です」
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
【電撃結婚】大谷翔平の日ハム同期、元コーチも祝福「野球以外にも興味があってよかった」「女性の影はなかった」
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
WBCで見せていた素顔(時事通信フォト)
《スタジアムは神聖な場所》電撃婚・大谷翔平がWBC優勝直後に見せていた野球へのリスペクト
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン