• TOP
  • 芸能
  • 親睦深めるためのSMAP飲み会が解散を加速させた面あり

芸能

2016.08.18 11:00  女性セブン

親睦深めるためのSMAP飲み会が解散を加速させた面あり

親睦を深めるための飲み会が解散を加速させた面も

 SMAP解散の引き金は、結成25周年ライブだった。5人揃って「存続」を報告した『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)の生放送会見から7か月。ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長(84才)はメンバーの説得を続けていた。

「社長たっての願いだ。ユーたちにはライブを待ち望むファンがいる」

 そう言って周年ライブを開催するよう求めた社長だが、頑なに首を縦に振らなかったメンバーが、香取慎吾(39才)だった。

「当時の香取さんのメンタルはギリギリの状態でした。食べられない、眠れない、仕事をするのがやっと…。虚脱感に苛まれ、3月にはドラマの打ち上げの席で“自殺するかもしれない”と口にしたこともありました。『スマスマ』でも彼が一切笑わない回があり、事務所関係者からは専属のカウンセラーを付けるべきだという声もあがっていました。“命の危険もある”と、かなりナーバスになっていた」(音楽関係者)

 解散騒動の発端となった女性マネジャーが、事務所を事実上クビになったことが尾を引いた。女性マネジャーを最も慕っていた香取は、彼女なきグループでの活動に意義を見いだせなくなっていた。

「同時に、ひとり事務所残留を決めた木村拓哉さん(43才)へのわだかまりを強めていきました。“あの人と一緒の仕事は絶対に受けたくない”とまで話すようになり、25周年ライブだけでなく夏の音楽番組のオファーも拒否したといいます」(芸能関係者)

 香取の心のしこりは、木村の“翻意”によって生じていた。実は、木村も当初は女性マネジャーに追随する姿勢を見せていたという。

「彼女も、5人は来てくれるという確信を得たから退社、独立に傾いた部分があった。でも、妻の工藤静香さん(46才)から説得され、一転して事務所残留を決めてしまった。香取さんからすれば、“残るなら最初から言えよ”という気持ちが強いんです。木村さんがついて来ないことがわかっていれば、女性マネジャーも辞めなかったはずですから」(前出・音楽関係者)

 無論、木村にも言い分はある。メンバーで唯一家庭を持つだけに、恩義と守るべき者の間で揺れるのは詮方ない。

「分裂を生んだ責任を感じていたのでしょう。騒動後の木村さんは、収録現場でなんとか空気をよくしようと、他のメンバーにいつも以上に声をかけていました。“前を向いていこうぜ”って。でも、香取さんを筆頭にみんな無視し続けた。木村さんの失望は深かった。事務所に残る以上、大人として仕事をするべきなのに、やっていることは小学校のいじめレベル。“ガキじゃねぇんだからよ”と彼もキレていました」(別の音楽関係者)

関連記事

トピックス