• TOP
  • 芸能
  • 北川悦吏子さん 今までNHKで脚本を書かなかった理由

芸能

2016.09.30 16:00  NEWSポストセブン

北川悦吏子さん 今までNHKで脚本を書かなかった理由

北川:はい。世界で活躍する多忙なデザイナーなので、絶対に無理だと思ったんです。でも、どうしてもお願いしたくて、直接会いに行って了承を得ました。ある意味、主演の工君や知世ちゃんを口説くよりも、大変な部分でした。オオキさんのデザインが第三の主役になると分かっていましたからね。『空から降る一億の星』(フジテレビ系)で明石家さんまさんと木村拓哉さんをキャスティングした時の苦しさを思い出しました(苦笑)。

 オルゴールが貝殻のカタチなのは、彼のアイディアなんですよ。その他さまざまなデザインをしていただきましたけど、やっぱり彼は天才だと思いましたね。ドラマで、みなさんの目で確認していただければと思います。

◇ドラマ10『運命に、似た恋』
NHK総合で、9月23日から毎週金曜22時に放送。全8回。シングルマザーのカスミ(原田知世)は、富裕層向けのクリーニング店で働いていた。配達先で、世界で若手No.1と目されるデザイナー・ユーリ(斎藤工)と出会う。カスミは、少女時代に出会った“運命の人”がユーリなのでは、と思い至り…。そこから本当の“運命”へと突き進んでいく、大人のラブストーリー。北川悦吏子オリジナル脚本。

関連記事

トピックス