• TOP
  • 芸能
  • 「東ラブ」に翻弄された有森也実 続編あればやると明言

芸能

2016.11.14 16:00  女性セブン

「東ラブ」に翻弄された有森也実 続編あればやると明言

「東京ラブストーリー」続編に前向きな有森也実

 ビッグコミックスピリッツ1月25日発売号に25年後の「リカ」と「カンチ」を描いた読み切り『東京ラブストーリーAfter25years』が発表されると、「リカとカンチが帰ってきた!」と、大きな反響を呼んだ。

 今年5月には、アサヒビールのキャンペーンで、さとみと三上をメーンに描いた、さらなる続編が作られ、11月10日発売の女性セブンからはその続き、第3話からの連載が始まる。女性セブンでは、全7回〈12月22日(木)発売号まで〉の連載を予定している。

 1991年1月、月曜夜9時からは見逃せないと女性たちは家路を急ぎ、繁華街からは人影が消えるほどの人気を博した25年前のドラマ『東京ラブストーリー』(フジテレビ)。

 そのドラマでイケメン風遊び人の三上を演じたのが江口洋介(48才)。高校生の娘と中学生の息子と3人で“ママ”を気遣う江口は悪い男でも遊び人でもなく誠実な「パパ」そのもの。妻・森高千里(47才)とバーで新婚さながらの雰囲気でデートしている姿はご近所では有名な話。昨年のハワイへの家族旅行では機内でもしっかり森高の隣にすわり、優しい夫の顔を見せていた。

『東ラブ』、『愛という名のもとに』と遊び人、風来坊役が続いたが、江口の代表作となったのは最高視聴率37.8%の『ひとつ屋根の下』(フジテレビ・1993年)。「そこに愛はあるのかい?」というセリフは流行語になった。

 1994年に発覚した鈴木保奈美との交際で、「ドラマティックな男」の印象がついたが、1999年に江口は森高と結婚。2000年に長女、2002年に長男に恵まれて、今や芸能界一のおしどり夫婦としても評判だ。

 今年7月クールのドラマ『はじめまして、愛しています。』(テレビ朝日系)では妻を気遣いながらも強引で真っ直ぐな夫を、昨年の『オトナ女子』(フジテレビ系)では篠原涼子(43才)と恋愛する作家役を熱演。

「ずっとドラマや映画に出続けていますが、昨年の映画『天空の蜂』以降、再び江口ブームが来ていると思います。もともとロン毛のイメージで遊び人風に捉えられがちですが、本人はものすごく優しく真っ直ぐな人。大人の色気とその優しい雰囲気がマッチして人気なんでしょう」(テレビ局関係者)

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス