• TOP
  • 芸能
  • CMにドラマに引っ張りだこ 業界注目の若手、矢本悠馬

芸能

2017.10.29 07:00  NEWSポストセブン

CMにドラマに引っ張りだこ 業界注目の若手、矢本悠馬

引っ張りだこの矢本悠馬(サントリーハイカラCMより)

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は、独特の存在感が光る、矢本悠馬に注目。

 * * *
 いま、映像監督やプロデューサー、そしてCMクリエイターらからのオファーが止まらない若手俳優の一人が矢本悠馬だ。

 誰? と思われた方。井川遥が3代目美人ママを演じ、カウンターのピエール瀧、加瀬亮、田中圭ら常連客が唐揚げとハイボールを愉しむ『サントリー』「角ハイボール」のおなじみのシリーズ。最新作の「新顔」篇で、3人をおじさん呼ばわりしながらも最後は“ハイカラ(ハイボール&カラアゲ)グループ”に加わり、最高の笑顔で場面を盛り上げるのが矢本悠馬だ。

 そしてダスティン・ホフマン主演の映画『卒業』よろしく、挙式中の教会に乗り込み、花嫁役の門脇麦に「俺は、俺は、君のなんだったんだ!?」とすがるも、「大事な…大事な…保険!」と切り捨てられる哀れな男を演じているのも矢本悠馬である。

 今年は柴咲コウ主演の大河ドラマ『おんな城主 直虎』(NHK)で、直虎の側近、中野直之を演じているため、柴咲との絡みもたっぷりあったことから各方面で話題となり、決してイケメンではない彼を女性誌がグラビアで取り上げたこともあった。

 実はNHKドラマの出演がとても多い俳優なのである。東山紀之主演の『大岡越前3』、さだまさしが原作を担当したことでも注目された『ちゃんぽん食べたか』、そして、前作の大河ドラマ『真田丸』の最終回にも出ている。

 さらに、年配の女性ファンをいっきに増やしたのが朝ドラ『花子とアン』での武(たけし)役だった。

 武はカンニング竹山演じる地主、徳丸甚之介の息子。つまり“おぼっちゃま”なのだけれど、小柄だしイケメンでもないので、ヒロインを始め美人女優陣の恋愛相手にはならない。

 が、おぼっちゃまゆえ、“高嶺の花”を前にして上から目線になったり、うまくいくのではないかと妄想するシーンもあった。そんなとき、ナレーションを担当していた美輪明宏から「た〜け〜し…、あんたじゃ、無理ッ!」とのツッコミが入る。中園ミホ氏の台本にあったのか、それとも美輪のアドリブだったのか。いずれにせよ、中園氏や美輪さんの“母性”をくすぐりまくり、同時にツッコまずにはいられない愛すべき存在、それが矢本悠馬演じる武だったのである。

 スタッフらにとって忘れられない役でもあったのだろう。同ドラマのスピンオフスペシャル、『朝市の嫁さん』からも矢本はオファーを受け、以来、件の複数のNHKドラマに繋がっている矢本。来年4月スタートの朝ドラ『半分、青い。』への出演も既に決まっている。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス