• TOP
  • 芸能
  • 男性気象予報士 重要なのは女子受けするアイドル性

芸能

2018.01.28 07:00  NEWSポストセブン

男性気象予報士 重要なのは女子受けするアイドル性

復帰が待たれる木原実氏(公式サイトより)

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は、男性気象予報士に必要な素養を考察。

 * * *
 女優の杏とオードリーの若林正恭が夫婦役をつとめる三菱電機のCM。ユーザーに半世紀も親しまれているルームエアコン「霧ヶ峰」の「リビング予報」編に、この二人と共に出演しているのが気象予報士の木原実氏だ。

 同じリビングルーム内でも、若林がかけているアイロン付近と、杏が座るソファーの雪降る窓辺近くでは体感温度が大きく異なるが、人工知能でそれを予測する機能を搭載した「霧ヶ峰」を木原氏が解説する内容である。

 木原氏といえば、「木原さ〜ん、そらジロー」の呼びかけでおなじみの『news every.』(日本テレビ系)の天気コーナーを10月下旬から休んで既に3か月が経とうとしている。

 氏が自身のブログで「自分の不注意で」大けがを負い、「頸椎損傷」という診断が下されたことを明かしたのは翌月のこと。やっとパソコンのキーを叩けるようになった…とあったり、クリスマスには、リハビリ中の病院内でツリーと共にカメラに収まった笑顔の画像をアップしたりしていたので、勝手に「そろそろか」と思っていたのだが、1月も番組で氏の姿を見られないまま終わりを迎えようとしている。

 そんな中、オレンジ系のストライプという派手なジャケットに身を包み、丸メガネをかけ、差し棒を片手に「リビング予報」を繰り広げる木原氏出演のCMがオンエアされているということは、いよいよ復帰が近いのではないか。

 ちなみに木原氏の代打には、同局の『ズームイン!!サタデー』の気象予報士、杉江勇次氏が平日の『〜every.』も出ているので大忙し。ドラム演奏が得意で、『ズームイン〜』では土曜の早朝にも関わらず、ドラムを叩きながらの天気予報をしていた、ある意味、変わり種ではある。

 だが、やはり、人気の高さと、日芸の演劇学科を卒業後、カリスマ声優・神谷明の事務所に所属し、声優やリポーター、役者として活動していた木原氏のタレント性には敵わない。

 日本テレビの大屋根広場で行われる「木原さ〜ん、そらジロー」の天気コーナーには、そらジローを模した手作りのお面や帽子などをかぶった子供たちとママたちが平日の夕方に大集合。オンエア前、集まった母子たちを気遣い、全員がカメラに映るように整列するのを手伝い、優しく声をかける木原氏は、そらジロー以上に人気と言っても過言ではなく、どんなに悪天候でも会いに来る人たちが居るのには本当に驚かされる。

 また、スタジオに居るNEWSの小山慶一郎や陣内貴美子からの“呼びかけ”は、お笑い芸人たちがモノマネのネタにするほど。

関連記事

トピックス