• TOP
  • スポーツ
  • 日ハム・清宮幸太郎を狙う各局「女子アナ包囲網」

スポーツ

2018.02.28 07:00  週刊ポスト

日ハム・清宮幸太郎を狙う各局「女子アナ包囲網」

”清宮番”を務めるTBS宇内アナ(写真:ロケットパンチ)

 2月24日、オープン戦が開幕。日本ハム・清宮幸太郎(18)がプロで通用するのか、ファンの注目もいよいよ高まってきた。

「大谷翔平(23)がメジャーに移籍し、人気と将来性を併せ持った選手は日本球界に清宮しかいない。とにかくなんとかして独占でいいネタを取りたい」(キー局スポーツ担当)

 それには清宮との距離を縮め、信頼関係を築くことが必要だ。そこで「各局とも、コネ作りのきっかけとして取材現場にエース級の女子アナを投入し始めている」(同前)のだ。

 一歩先んじているのはTBSだ。2015年入社のホープ・宇内梨沙アナ(26)が早くから“清宮番”を務めてきた。

「宇内アナは2017年夏の東京大会で早実の試合を取材し、ドラフト直後に開かれた記者会見の現場にも入っている。本人も清宮取材には気持ちが入っているし、清宮も彼女の存在は認識してくれているようだ。これから挨拶回りを始める他局の女子アナには負けない」(TBS関係者)

 フジテレビからは、大学時代にファッション誌専属モデルとして活躍していた“大型新人”久慈暁子アナ(23)が、ドラフト後の清宮会見の取材を担当した。

「当然、今後の取材を見据えての人選でしょう。久慈は大谷翔平と同じ岩手・奥州市出身で同い年。共通の知人もいるなど個人的なつながりがある。清宮にもパイプができればこの先10年は“スポーツ担当アナ”としてやっていける。本人も野球取材に熱心だから、周囲の期待は高い」(フジ関係者)

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス