芸能

小林麻央さんを偲ぶ会、仕事関係者の尽力で開催されたが…

海老蔵の胸中は複雑か

 ピンク色を基調とした花で彩られた祭壇の中央には、穏やかな笑顔を浮かべる彼女の写真が飾られていた。モニターに映る生前の元気な姿は、“あの日”から、もう1年が経ったことを忘れさせてしまうほどだった。

 6月23日、都内にあるホテルのパーティー会場で、小林麻央さん(享年34)を偲ぶ会が催された。

「出席したのは、テレビ局や芸能関係者など約300人。立食スタイルでしたが、ほとんどの人は食事を手に取ることなく、麻央ちゃんの思い出話に花を咲かせていました。明石家さんまさん(62才)や藤原紀香さん(47才)からの花も届いていて、誰からも愛された麻央ちゃんの人柄がうかがえました」(会の参加者)

 司会は麻央さんの姉・小林麻耶(38才)のTBS時代の先輩にあたる安住紳一郎アナ(44才)が務めた。会場には、『NEWS ZERO』(日本テレビ系)で共演していた櫻井翔(36才)や、『めざましどようび』(フジテレビ系)でタッグを組んだ伊藤利尋アナ(45才)、歌手の大塚愛(35才)や平原綾香(34才)の姿もあった。

 会場の一角では、麗禾ちゃん(6才)と勸玄くん(5才)が、ママの映像を見て思い出されたのか、しゃくりあげている姿があった。そんな2人の痛ましい姿を見て、市川海老蔵(40才)も目に涙を浮かべていた──。

 献杯を終えて挨拶に立ったのは、伊藤アナだった。麻央さんのキャリアでかかわった順に壇上に立ち、思い出話を明かしていった。

『NEWS ZERO』で一緒だった鈴江奈々アナ(37才)と麻央さんは不思議な縁があった。鈴江アナと麻耶が、“同期入社”ということだけでなく、鈴江アナの叔母と麻央さんのお母さんが中学時代の親友だったという。

「鈴江さんの麻央さんの食いしん坊エピソードを聞いて、ああ、チームで仲がよかったんだなと思いました。“夜中の2時なのに麻央さんがスイーツをペロッと食べていた”ことや、櫻井さんは、(麻央さんが)深夜の『すしざんまい』で“あぶりえんがわばかり食べていたよね”と話していたり…知らない話が次々にあがっていました」(前出・参加者)

関連記事

トピックス

雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
小倉優子が勉強
小倉優子、密着番組リニューアルでも猛勉強継続 早稲田大学以外も受験予定
女性セブン
長井秀和が語る“創価学会芸能人あるある”「選挙の時だけ顔を出して小遣いを稼ぐ」
長井秀和が語る“創価学会芸能人あるある”「選挙の時だけ顔を出して小遣いを稼ぐ」
女性セブン
人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン