• TOP
  • 芸能
  • 菊川怜 “奥様タレント”としてさらなる活躍の可能性

芸能

2018.07.14 07:00  NEWSポストセブン

菊川怜 “奥様タレント”としてさらなる活躍の可能性

元祖東大タレントの菊川怜

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は元祖東大卒タレント・菊川怜(40歳)について。
 
 * * *
 いま、テレビ番組では現役東大生や東大卒のタレントがもてはやされている。たとえば『東大王』(TBS系)のように“東大”をそのまま冠につけたクイズバラエティー番組もあれば、『さんまの東大方程式』(フジテレビ系)のように東大生と明石家さんまの化学反応を楽しむトークバラエティー番組もある(不定期放送)。

『ネプリーグ』(フジテレビ系)や『クイズプレゼンバラエティーQさま!!』(テレビ朝日系)のような長寿クイズ番組からも、東大卒のタレントや文化人は引っ張りだこ。特に「ミス東大」とか「準ミス東大」といった肩書きをもつ美女のニューフェイスを見つけることは、テレビ番組のみならず、芸能プロダクションにとっても“使命”のようになっている。それほど、いまは東大ブランドに注目が集まっているのである。

 その元祖ともいうべき存在が菊川怜だ。1997年、現役東大生のとき、新宿でスカウトされたのをきっかけにモデルデビュー。翌年からグラビアや赤文字系雑誌『Ray』の専属モデルとして活躍し、同年「99年度 東レキャンペーンガール」に選出されたことで世間の注目を集める。もちろん、そこには”東大生“というブランドが乗っかっていた。

 CMやドラマなどにも代表作はあるが、お茶の間に愛されるきっかけとなったのは2002年から担当していた『真相報道バンキシャ!』(日本テレビ系)ではないか。メインの福澤朗からいじられながらも健気にサブキャスターをつとめる様子は、特にお父さん世代の人気を得た。
 
 変に女を使ってのし上がるタイプでなさそうな菊川を嫌いだという現場女性の声は聴かれなかったが、やはり、菊川を支持していたのは圧倒的に男性スタッフだったと聞く。

『~バンキシャ!』を2011年まで実に9年間も務め、翌年から初の帯番組レギュラーとなる『情報プレゼンター とくダネ!』(フジテレビ系)の女性司会者となる菊川怜。『~バンキシャ!』においても、『とくダネ!』においても、菊川が芯を食った発言をしてネットなどで話題になったことは、正直、記憶にない。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス