芸能

広瀬アリスも躍進 「コメディエンヌ」と称される女優たち

『探偵が早すぎる』での演技が光る広瀬アリス

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は「コメディエンヌ」と称される女優たちについて。

 * * *
「彼女はコメディエンヌだね」とは、日本テレビのスター演出家・水田伸生氏が、女優・井上真央について評したコメント。2012年に公開された映画『綱引いちゃった!』を撮影していた頃、水田監督から直接聞いたものだ。
 
 記憶を確認するために「井上真央 水田伸生」でネットで検索をかけてみると、計算された笑いは「明石家さんまさんから」とインタビューに答えている水田氏のインタビュー記事や、『東京国際映画祭』の壇上に突然上がってきた男性ファンを「水田さんの仕込みですよね?」と動じなかった井上真央の大物ぶりを報じたニュースがあがってきた。
 
 水田氏と明石家さんまは、同局の連続ドラマ『恋も2度目なら』を始め、多数タッグを組んでおり、いまも『踊る!さんま御殿!!』の収録前後、番組スタッフではないが楽屋に入り、談笑しているのを見かける。いろいろな場面で、さんまが水田氏の突破口的存在になっているのだろう。

 井上真央は『綱引いちゃった!』に続いて、映画『謝罪の王様』でもタッグを組む。『謝罪~』は、『舞妓Haaaan!!!』、『なくもんか』に続く、水田氏監督、宮藤官九郎脚本、阿部サダヲ主演という“トリオ”による第3弾だった。
 
 映画だけではない。ドラマ『トッカン 特別国税徴収官』(日本テレビ系)に井上真央が主演していたときの様子を水田氏から聞いたこともある。「笠原秀幸くんのことを現場でいつもからかったり、ツッコんだりしている」と。ファンにとって、二人が幼なじみであることは有名で、年齢は笠原のほうが4才ほど上なのだが、格の違いなのか、キャラクターなのか、撮影現場での笠原は、とことん明るくて愉快な井上の“おもちゃ”になりがちなのだという。
 
 さて、今期、各所から「コメディエンヌ」と称されているのは広瀬アリスだ。主演ドラマ『探偵が早すぎる』(読売テレビ・日本テレビ系)での、はっちゃけた演技や、くるくる変わる表情や大きな動きなどについて、そう言われているのだが、実は、朝ドラの『わろてんか』(NHK)で女芸人・リリコを演じたときから、そうした評価はあった。

 さらに、それよりも前、ドラマ『釣りバカ日誌』(テレビ東京系)で濱田岳の恋人、みち子役をしていたときにも、コメディエンヌの片鱗をうかがわせていた広瀬アリス。だが、“片鱗”は、それより前、コンタクトレンズの「アイシティ」のCM“夏をアイしてキャンペーン”編で確認されている。

関連記事

トピックス

フォロワーは
【極寒のへそ出し写真】日本一のティックトッカー景井ひな「あり得ない私服姿」フォロワー1000万のど根性
NEWSポストセブン
焼肉店を訪れた中川大志
【キュート写真公開】中川大志「おでこ全開で」庶民派過ぎる打ち上げ、橋本環奈も惚れるイノセントイケメン
NEWSポストセブン
三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
巨人新体制に最重鎮OBが怒り(写真/共同通信社)
巨人・阿部ヘッド「原監督の後継者」宣言も 次期監督に「松井秀喜、高橋由伸待望論」
NEWSポストセブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
週刊ポスト
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン
今年の共通テスト。大学受験のためには中学受験をすべきか、高校受験がよいのか。受験事情に詳しい藤沢氏に聞いた(時事通信フォト)
かつて学歴否定派だった藤沢数希氏 1000万円かけて私立中高一貫校に通わせる効果を解説
NEWSポストセブン
圧巻のパフォーマンスは衰えない(写真はインスタより)
玉置浩二、紅白での安全地帯の映像使用をめぐって激怒「紅白にもNHKにも二度と出ない!」
女性セブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン
東京電力も家庭向け電気料金値上げを申請(時事通信フォト)
電気代とガス代の高騰はもはや「恐怖」の水準 これで値上げが終わりなわけでもない
NEWSポストセブン