• TOP
  • 芸能
  • 阿部哲子アナもW不倫発覚、死後の「スマホ時限爆弾」の恐怖

芸能

2018.10.17 11:00  週刊ポスト

阿部哲子アナもW不倫発覚、死後の「スマホ時限爆弾」の恐怖

突然テレビから消えた阿部アナ

 女子アナの不倫報道も珍しくなくなったが、まさかこんな形で発覚するとは……。『梅沢富美男のズバッと聞きます!』(フジテレビ系)、『バラいろダンディ』、『田村淳の訊きたい放題』(ともにTOKYO MX系)などで活躍していた元日本テレビの阿部哲子アナ(39)が、9月いっぱいですべてのレギュラー番組を降板。その背景にW不倫騒動があったことを『女性セブン』(10月25日号)が報じた。

 記事によると、阿部アナは大手IT企業の役員を務めたA氏と2015年から不倫関係になったという。A氏は闘病の末、50代で亡くなったが、妻が遺品整理をしている際に阿部アナとのメールのやりとりなどを目にしたことで関係が発覚。A氏の妻はテレビ局に“抗議”の手紙を書くことになったという。

 同誌の取材に、A氏の妻は〈私が苦しんだように苦しむべきだし、懺悔すべきだと思いました〉と答え、阿部アナはA氏との関係を認めたうえで〈夫婦関係は冷え切っているとの説明を受け“時期が来たら結婚をしてほしい”との言葉をいただき、交際することを了解しました〉と語っている。阿部アナは2017年5月に夫と離婚している。

 阿部の事務所関係者は「テレビ局や番組関係者への“抗議文手紙”で体調不良に陥り、現在、仕事は一切しておりません。テレビへの復帰時期は全くの白紙です」という。亡くなった人との「不倫」が発覚し、問題になる……。このケースは、決して他人事ではないという。

「パソコンやスマホ内のデータといった“デジタル遺品”にまつわるトラブルは急増しています。なかには不倫が発覚することもあります」

 そう話すのは、日本デジタル終活協会・代表理事を務める伊勢田篤史弁護士だ。

関連記事

トピックス