• TOP
  • 芸能
  • 芦田淳さん 女子アナにもファン多くウエディングで着た人も

芸能

2018.10.24 07:00  NEWSポストセブン

芦田淳さん 女子アナにもファン多くウエディングで着た人も

そのデザインは多くの人に愛された(写真/共同通信社)

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回はファッションデザイナーの芦田淳さん(享年88)について。

 * * *
 ファッションデザイナーの芦田淳さんが20日午後9時32分、肺炎のため、都内の自宅でお亡くなりになっていたことが22日わかり、23日付のスポーツ紙各紙に大きく報じられた。

 それを受けて、ワイドショーでも、同じく日本を代表するファッションデザイナーの森英恵氏や桂由美氏、そして妻の小林麻央さんが顧客で家族ぐるみのつきあいをしていたという市川海老蔵らのコメントを紹介していた。

 芦田淳さんを紹介するとき、最初に出てくるのは皇后美智子さまのお名前。1966年から10年間、美智子さまの専任デザイナーを務めていたからだ。さらに、1993年、皇太子妃雅子さまの御結婚ではイブニングドレスをデザインしている。

 また、全日空のCAや帝国ホテルの従業員の制服から広島アジア大会、アトランタ五輪などの日本代表選手団の公式ユニホームも手がけていらした。

 実は芸能界にも芦田淳さんデザインのジャケットやワンピースを着てテレビ出演している人たちがいる。こちらの筆頭は浅丘ルリ子さんだろうか。自身が出演した舞台『伝説の女優』の衣装も芦田淳さんが手がけたことがあったほど、親交が深い。

 次女であり、かつては『ミスアシダ』、現在は『TAE ASHIDA』のデザイナーである芦田多恵氏も含めると、芦田ブランドのウエディングドレスでお嫁にいく女優や女子アナは本当に多かった。

 現在、『ジュンアシダ』の社長は、その多恵氏の夫で、山東昭子参議院議員の甥である山東英樹氏が務めている。英樹氏は日本興業銀行の銀行マンだったが、多恵氏との結婚を機に『ジュンアシダ』の名広報として活躍。山東昭子議員の影響なのか、もともとの趣味なのか、国会議員のプロフィールなど、身辺情報をよくご存じでもあった。

 そんな英樹氏が仕切る、年に2回のコレクションに訪れる顧客の中には、女性アナウンサーも数多くいた。

 例えば、日本テレビの笛吹雅子アナは、仲良しの後輩、松本志のぶアナや西尾由佳理アナと連れ立って、最前列で食い入るようにコレクションを見ていた。

 また、多恵氏デザインのウエディングドレスで結婚披露宴を行ったのは元フジテレビの中井美穂アナ。

関連記事

トピックス