• TOP
  • 芸能
  • 加藤綾子アナ、夕方ニュース抜擢で乗り越えるべき「弱点」は

芸能

2019.02.08 07:00  NEWSポストセブン

加藤綾子アナ、夕方ニュース抜擢で乗り越えるべき「弱点」は

 カトパンは、帯のニュース番組のメインキャスターになるので、ある意味、“司会者”でもいいのかもしれないが、ただ上手に仕切っているというだけでは、「自分の意見はないの?」などと、すぐに視聴者には飽きられてしまうのではないか。
 
 そして、「カトパン、夕方帯のニュースキャスターへ」との報道があった直後から、フジテレビ局内でも「どうするの?」とザワついているのが、『ホンマでっか!?TV』や『MUSIC FAIR』『FNS歌謡祭』などの出演である。イベントのゲストやCMなども今後は控えなければいけないのかもしれない。

 さらには、頻度はまだわからないが、取材に出る機会もあるだろうし、何か大きな事件や事故があったら、それが地方であっても、海外であっても、メインキャスターがその役割を担わなければならないハズ。
 
 ここにも少し不安がある。それが視聴者にどう伝わっているかは別として、ヘリコプターから中継しているときがもっとも輝いている(と私には見える)安藤優子キャスターや、穏やかな口調ながら取材対象者にグイグイ切り込んだ櫻井よしこキャスター。いまよりもっと男性社会だった報道局で取材テープを自ら編集して伝えてきた吉川美代子キャスターら、往年のニュース番組を仕切ってきた諸先輩らに比べると、カトパンは意外と“押し”が弱いタイプにも見える。

 いずれにせよ、激戦区の夕方の帯ニュースをメインで仕切るとなれば、彼女のライフスタイルは一変するだろう。たとえば、かつて、BSフジで件の反町理キャスターと『プライムニュース』を仕切っていた八木亜希子アナは、美容院でも鏡の前に何紙もの新聞を広げて読みふけっていたものだ。

 ここまで、カトパン、カトパンと書いてきたが、今後はそう呼べなくなるぐらい、“加藤綾子キャスター”が“ニュースな女”になることを個人的には期待しているところ。

 カトパン参入で、4月以降、夕方の帯ニュースはさらに激戦区になることは間違いなさそうだ。

関連記事

トピックス