• TOP
  • 芸能
  • 孤独死から10年の大原麗子さん 支え続けた元夫渡瀬恒彦さん

芸能

2019.06.28 16:00  女性セブン

孤独死から10年の大原麗子さん 支え続けた元夫渡瀬恒彦さん

亡くなってから10年となる大原麗子さん(写真は2005年)

 女優・大原麗子さん(享年62)の波乱万丈の人生を振り返ったのは、6月20日に放送された『直撃!シンソウ坂上』(フジテレビ系)だ。大原さんが「姉」と慕った女優の浅丘ルリ子(78才)や、実弟である大原政光さんが登場し、「整形失敗」「中絶」「薬漬けの闘病」など生前の大原さんをめぐる衝撃の事実を明かした。

 しかし、この番組には、大原さんが18才でデビューした翌年からマネジャーを務め、亡くなる直前まで寄り添い続けた元マネジャーの佐藤嘉余子さんは登場しなかった。番組放送後、本誌・女性セブンの取材に佐藤さんが重い口を開いた。

「放送は見ていませんが、多くの人から連絡があり、内容は把握しています。いろいろな思いが込み上げますが、私が言いたいのは、あの番組では触れられなかったことがあり、大原さんの“死の真相”を伝えきれていないということです」(佐藤さん)

 今明かされる大原さんの真実とは──。

◆離婚後も支え続けた渡瀬夫妻の思い

 1973年に渡瀬恒彦さん(享年72)と結婚し、5年後に離婚した大原さん。1980年には森進一(71才)と再婚したが、わずか4年での離婚となった。

 離婚のたびに結婚生活に関連するものをすべて処分していた彼女が、唯一捨てられなかったのがウエディングドレスだったという。

「渡瀬さんとは結婚式ができなかったので、麗子さんは森さんと結婚する時に自分のお金で『ユキトリヰ』のウエディングドレスを購入しました。彼女は離婚したらなんでも必ず処分しましたが、そのドレスだけは捨てずに私に預けてきた。

 森さんとの結婚生活に未練があったのではないでしょうが、仕事を頑張って、自分でお金を出して買った憧れのドレスだから、こればかりは捨てられなかったのだと思います」(佐藤さん)

 八回忌を終えた後、佐藤さんは大原さんから預かったウエディングドレスとブーケを、大原さんと母親が供養される件の寺院に持ち込んだ。「執着はいけない」と諭す住職の教えに従い、佐藤さんはそれまで大事に保管していたドレスとブーケを預けたのだという。

 クールで冷静、小悪魔的イメージの大原さんだが、人間味のある一面も隠し持つ。そんな彼女の理解者が、佐藤さんのほかにもう1人いた。

関連記事

トピックス