• TOP
  • 国内
  • ホストクラブの今 事件が多発、パパ活で通う病んだ女性客も

国内

2019.07.06 07:00  NEWSポストセブン

ホストクラブの今 事件が多発、パパ活で通う病んだ女性客も

 トラブルが多発する理由の一つを、歌舞伎町に集まってくるホストたちに「向上心」がなくなったことだと渉さんは分析する。

「10年前まで、歌舞伎町は”伝説が作れる街”でした。自分も“売り上げでも、指名数でも先輩を抜いて、俺が歴史を塗り替えるんや!”と本気で思っていたし、周りも同じようにぎらぎらした野心を持ったホストが多かった。だけど今はホストも格差社会。売れている人は、10年間変わらず売れ続けているのですが、そうでないと鳴かず飛ばずのまま。『根性』や『野心』を武器に女性を魅了するようなホストが減り、女性の弱みに付け込むような、心が弱いホストが増えた気がします」 
 
 野心や向上心を持った“昔ながら”のホストが減った代わりに、多種多様な個性を持つホストが増えている。現在、歌舞伎町には200店舗以上のホストクラブがあり、5000人以上のホストが働いている。紹介サイトをのぞいてみると、各店舗ごとに、イケメンだけではなく、お笑い系、スポーツ系、かわいい系、中には「なぜこのルックスで!?」というようなホストなど、多彩なメンツが顔を並べる。

「まず美しさやセクシーさが重視されるキャバクラの女の子とは違い、ホストは必ずしもイケメンである必要がない。芸人のような雰囲気の面白いホストに笑わされたい女性もいるし、今風のイケメンよりも素朴な外見のホストに癒やされるという女性もいる。どんなホストでも気に入ってくれるお客さんが見つかる可能性がある歌舞伎町は、いまや街全体が”マッチングアプリ”のようになっているのです」(渉さん)

◇変化する客層。SNSの影響でホストが身近な存在に

 変化したのはホストだけではない。客層もがらりと変わった。

「昔は事業で成功した実業家の女性など”何か持っている”人が多かったのですが、今は普通の子が多い。同時に低年齢化もしていて、20代のお客さんも少なくありません」(流依さん)
 
 確かに、深夜の歌舞伎町を歩いてみると、ホストクラブやバーが建ち並ぶ通称“ホスト通り”と呼ばれるエリアにはOL風や女子大生風の若い女性の姿が目立った。彼女たちはなぜ、ホストクラブに通うのか。

「ホストたちがツイッターやYouTubeなどで、自分のキャラクターを発信するようになったことが大きい。SNSの普及によって、これまではある意味“別世界の住人”だったホストが若い女性たちにとって身近な存在となったのでしょう。有名なYouTuberに会いに行くというくらいの感覚で、格段に敷居は低くなっています」(渉さん)

◇“ギャラ飲み”で資金を調達する“普通の女の子”たち

関連記事

トピックス