• TOP
  • 芸能
  • 松本人志派に一本化された吉本興業 ベテランも声上げられぬ

芸能

2019.07.25 16:00  女性セブン

松本人志派に一本化された吉本興業 ベテランも声上げられぬ

松本人志派が占めている吉本興業(共同通信社)

 反社会的勢力のパーティーにおける闇営業問題で7月20日、雨上がり決死隊の宮迫博之(49才)とロンドンブーツ1号2号の田村亮(47才)が謝罪会見を行い、その中で吉本興業・岡本昭彦社長(52才)のパワハラ発言が暴露された。

岡本社長は「おまえら、テープ回してないやろな」「ほんなら全員連帯責任でクビにするからな」「おれにはおまえら全員クビにする力がある」などと言ったのだという。

 これを受け、《後輩芸人達は不安よな。松本 動きます》とツイッターに書き込んで、騒動渦中に颯爽と現れ、吉本興業の最高幹部と話をつけ、社長に会見まで開かせた“救世主”がダウンタウンの松本人志(55才)。人気トップクラスの大物芸人であることは間違いないが、会社中枢にまで絶大な影響力を持つ存在だったとは知らなかったという人も多いだろう。

「吉本興業グループのトップに立つのは大崎会長。実は、ダウンタウンの“兄貴分”と言ってもいい存在です。

 大崎洋会長(65才)が入社4年目の28才、吉本の養成所で“掃除係”のような仕事をやっていた時、まだ無名だった18才のダウンタウンに出会い、自ら志願して初代マネジャーになった。今も松本さんは大崎会長を“アニキ”と呼んで慕っています」(芸能関係者)

 岡本社長は天理大学アメフト部出身で、1991年に吉本に入社。その後、大崎会長とともにダウンタウンのマネジャーを務め、『人志松本のすべらない話』(フジテレビ系)など数々の人気番組のプロデューサーを務めてきた。

 さらに、“次期社長”と目されている藤原寛副社長(50才)もダウンタウンのマネジャー出身。年末恒例『笑ってはいけない』シリーズ(日本テレビ系)での出演で有名だろう。

 つまり、吉本の経営中枢は、松本の元マネジャーが独占していると言えるのだ。

「そもそも大阪が本拠地だった吉本興業の東京進出は、ダウンタウンがきっかけでした。東京・赤坂の8畳一間のアパートに、ホワイトボード1枚と黒電話2台を置き、大崎会長とダウンタウン、岡本社長の4人で始まった挑戦だった。

 結果、ダウンタウンは東京で当代一の人気者になった。彼らを成功させた大崎さんは社内で絶対的な存在になり、その“右腕”の岡本さんも社長まで上り詰める。

 岡本社長は松本さんの前では礼儀正しい印象ですが、ほかの人の前では…」(前出・芸能関係者)

 岡本社長が業界有数の敏腕マネジャーであることは間違いないが、その性格には毀誉褒貶がある。松本自身、こう語っている。

関連記事

トピックス