• TOP
  • 国内
  • 医師200人が選ぶ「受けたい検診・検査」の1位は

国内

2019.09.01 07:00  女性セブン

医師200人が選ぶ「受けたい検診・検査」の1位は

検査を推奨する側である医師が受けない検査とは

《乳腺の超音波検査により胸に腫瘍が見つかって、精密検査が行われた結果、乳がんが発見された》

 宮内庁が上皇后美智子さまの「定期検診」の結果を発表したのは、8月9日のこと。ステージこそ発表されていないものの、比較的早期であったため転移の可能性は低いとみられ、9月以降に入院・手術が予定されている。美智子さまは10年以上にわたって乳腺検査の定期検診を受けてこられたというが、前回の検査では、がんらしきものは見つかっていない。つまり今回、早期発見できたのは定期的に検診が行われていたことの賜物だったともいえるだろう。

 しかし検診さえ受けていれば絶対に安心であるとは言いきれない。実際、東京・杉並区の肺がん検診を受けていた40代女性のがんが2014年、2015年と複数年にわたって見逃され、2018年6月に死亡するという痛ましい事件も起きている。

 受けなければ病気は見つからないが、受けても見落とされたり、そもそも意味のない検診だったりすることもあるうえ、多くの種類の検診を受ければそれだけお金もかかる。私たちはどう取捨選択すべきなのか。

 もちろんかかりつけ医など信頼できる医師がいれば尋ねるのも手だが、常に本音が聞けるとは限らない。都内のあるクリニックに勤務する医師が声を潜めて言う。

関連記事

トピックス