• TOP
  • 国内
  • 秋篠宮家vs外務省 くすぶり続ける皇室外交の火種

国内

2019.09.03 07:00  週刊ポスト

秋篠宮家vs外務省 くすぶり続ける皇室外交の火種

日本芸術院賞の受賞者らを招いた茶会で歓談される眞子さま、佳子さま(写真/時事通信フォト)

 新天皇の即位から4か月が過ぎ「皇嗣ご一家」となった秋篠宮家。眞子内親王と婚約内定者の小室圭さんとの関係の行方に関係者も気を揉むばかりだが、新たな懸念も生まれているという──。

 10月22日に新天皇が国内外に即位を宣言する「即位礼正殿の儀」、来年4月19日に秋篠宮が皇位継承順位1位の皇嗣になったと示す「立皇嗣の礼」が行なわれるなど、この先も皇室は重要行事が目白押しだ。

 特に10月の「即位礼」は、160か国以上の元首など外国人賓客600人ほどを招待する一大行事だ。

「海外王室や政府関係者といった要人を招く際に、外務省は相手国との折衝役を担うことになります。秋篠宮殿下も宮内庁式部職、外務省を通じて各国要人の情報を仕入れて、兄である陛下を支える役割が求められます」(皇室ジャーナリスト)

 そのためにも、秋篠宮家と外務省の密な連携が重要となるが、両者はギクシャクしているように見える。

◆「何だコレ、聞いてないぞ」

 発端は、8月17日から1週間にわたって秋篠宮ご夫妻と悠仁親王が出向いたブータンへの私的旅行だった。悠仁さまにとって初めての海外訪問となる重要な舞台の裏で“重大事件”が発生していたのだ。

関連記事

トピックス