• TOP
  • 国内
  • 雅子さまの「国民に語りかける機会」が奪われる時代錯誤

国内

2020.02.02 07:00  女性セブン

雅子さまの「国民に語りかける機会」が奪われる時代錯誤

雅子さまの会見出席を望む声は大きい(1月2日、東京・千代田区 写真/時事通信フォト)

「国民に寄り添う」という思いを胸に、雅子さま(56才)は令和の皇后として立派に務めを果たされてきた。しかし今、その思いに反して、国民への「歩み寄り」の機会が失われようとしているという。

 来たる2月23日、天皇陛下が60才の誕生日を迎えられる。即位後初めての陛下の記者会見もある。

 平成時代、即位後初の上皇陛下の誕生日会見では、美智子さまが一緒に出席された。そのため、前例を踏襲すれば、今回の天皇陛下の誕生日会見でも、雅子さまが同席されるとみられていた。しかし、宮内庁は雅子さまの同席はないと判断しているという。

 天皇誕生日の会見以外にも、平成時代にも上皇上皇后両陛下が出席して行われた「即位に際しての会見」、そして今春予定されているイギリス公式訪問に際しての会見において、雅子さまが出席される可能性が高いとされていた。しかし、宮内庁としては、「即位に際しての会見」は誕生日会見に含まれるものとして開催しない方針とのこと。また、イギリス訪問に際する会見も療養中であることを理由に雅子さまは出席なさらないか、会見自体を見送る方向で調整されているという。

◆「会見がお嫌いか」 批判が上がりかねない

 たしかに、雅子さまには会見に“苦い記憶”がおありだ。雅子さまは皇室入りをされる前から、会見のたびに「見当違い」「揚げ足取り」といえる批判を浴びてこられた。

 1993年1月、陛下とのご婚約会見では「(当時の)皇太子さまよりしゃべりすぎではないか」と非難された。2002年4月の愛子さまご出産の際の会見で涙を流されると「皇族が人前で涙を見せられるべきではない」という声が上がった。

 同年12月の会見で《外国訪問をすることがなかなか難しいという状況は、(中略)適応することになかなか大きな努力が要った》と胸の内を明かされると、「お世継ぎの男児を産むよりもご自分が行きたい海外訪問の方が大事なのか」と批判された。その会見が、最後のものになった。

関連記事

トピックス