• TOP
  • 国内
  • 都知事候補 大地・青学・松岡・桃子・太郎の可能性

国内

2020.02.11 07:00  週刊ポスト

都知事候補 大地・青学・松岡・桃子・太郎の可能性

小池都知事の任期は7月30日まで(AFP=時事)

 東京五輪開会式直前の7月5日、「五輪の顔」を決める東京都知事選が実施される。

 安倍晋三首相と“五輪のドン”森喜朗・組織委員会会長のラインが“仇敵”である小池百合子・都知事に対立候補を立てて“小池下ろし”を狙っているというが、自民党内では都知事候補の名前が次々に浮かんでは消えていく。

 これまでに名前があがっているのは丸川珠代・元五輪相、ソウル五輪の水泳金メダリストの鈴木大地・スポーツ庁長官、さらに青山学院大学の原晋・陸上競技部監督、元プロテニスプレーヤーの松岡修造氏や元アイドルの菊池桃子氏などだ。

 昨年末、自民党はそうした候補者の中で誰が小池に勝てるか内々の世論調査を実施したという。東京都連のベテラン議員が語る。

「知事選に出馬してほしい候補者に調査結果を見せて、“あなたなら勝てます”と説得材料にするための予備調査だった。ところが、どの候補をぶつけても小池に勝てない。都連には、丸川なら勝負になると“本命候補”に推す声が多いが、その丸川さえも小池に大差をつけられていた」

“五輪のドン”と呼ばれる森氏の側近である橋本聖子・五輪担当相も有力な都知事候補の1人と見られていたが、日刊スポーツのインタビューで、「(出馬は)あるわけないですよ。大臣として東京五輪・パラリンピックが無事終わるまで命がけです」(2020年1月5日付)ときっぱり否定している。

 候補者難は野党も同じだ。立憲民主党は前々回参院選東京選挙区でトップ当選した蓮舫・副代表の擁立論があったが、「本人が絶対出ないと固辞した」(同党議員)と立ち消えになった。そこで野党統一候補として浮上しているのが、れいわ新選組の山本太郎代表だ。

関連記事

トピックス