• TOP
  • 芸能
  • 断絶から急転、中居会見後に木村拓哉がコメント出した背景

芸能

2020.02.28 07:00  女性セブン

断絶から急転、中居会見後に木村拓哉がコメント出した背景

会見では木村拓哉についても語った中居正広(撮影/浅野剛)

 2月22日、木村拓哉(47才)が、ジャニーズ事務所を3月末で退所する中居正広(47才)に向けてエールを送った。

《それぞれが決めたこれからの人生、お互いに前に進もう。》

 同じ高校に通い、Wデートをしたこともあった。SMAP結成後はリーダー、エースとして国民的アイドルに上り詰めた。時に意見がぶつかり合い、けんかすることもあった。それでも関係が続いたのは、SMAPという共通の大事なものがあったからだ。しかし、2016年末にSMAPを解散して以来、一度も言葉を交わすことはなかった。

 昨夏、ジャニー喜多川さん(享年87)の「お別れの会」でも隣同士になろうとせず、視線が合うこともなかった。それだけに、たった24文字の言葉が重く感じる。

 さかのぼれば、2017年9月に稲垣吾郎(46才)、草なぎ剛(45才)、香取慎吾(43才)がジャニーズ事務所を退所した際は、木村はコメントを出さず、出演する番組で彼らに触れることもなかった。

 なぜ、いま沈黙を破ったのか――それは木村なりの中居への答えだった。

 *
 SMAPメンバーで1人、ジャニーズ事務所に残ることになった木村は、あらゆる面で中居とは対照的な行動を取ってきた。

「中居さんは人脈とは広く深くかかわり、その場を最大限に盛り上げるMCタイプ。一方の木村さんは、自分自身を深く見つめ、孤独を恐れずに高みを目指すアーティストタイプで、人とのかかわり方は深いが狭い。両極端な人が同じグループにいたからSMAPが際立っていたのも事実ですが、3人がいなくなってみると、その違いがあまりに目立つようになった」(テレビ局関係者)

 孤高を極めようとする木村の姿勢に惹かれる人も少なくない。同じ事務所では、「友達不要」と公言してきた二宮和也(36才)がいる。

「映画『検察側の罪人』で共演して以降、交友が深まりました。二宮さんは出不精なのに、わざわざ木村さんの家にまで遊びに行く関係でほかの人には話さないような悩みを相談してきたそうです」(映画関係者)

 二宮だけではない。木村座長の元で時間を共にした共演陣からの信頼は厚い。

「元AKB48の大島優子さん(31才)もそうですね。彼女は子供の頃からこの世界にいて、いろんな人を見てきたから、人の本質を見抜く目を持っています。木村さんのことは信頼しきっています。ファンや家族のことを考え抜いて事務所を辞めないという選択をした木村さんに、芸能人というより、人としての共感も抱いているそうです」(芸能関係者)

関連記事

トピックス