• TOP
  • スポーツ
  • フィギュア界にロシアから天才少女 もう日本人は勝てないのか

スポーツ

2020.03.15 07:00  NEWSポストセブン

フィギュア界にロシアから天才少女 もう日本人は勝てないのか

世界ジュニアフィギュアで優勝したカミラ・ワリエワ(SPUTNIK/時事通信フォト)

◆北京五輪の星・ワリエワの強さ

 新型コロナウイルスの世界的拡大にともない、羽生結弦(25)や紀平梨花(17)が出場予定だった世界フィギュアスケート選手権は中止となった。だが、ジュニアの世界選手権は、今月頭(3月2日~8日)に行われた。ここで日本勢は、男子は鍵山優真(16)が2位表彰台に上がるも、女子の最高位は河辺愛菜(15)の11位。女子で圧勝したのが、ロシア13歳の新星、カミラ・ワリエワだった。

 ワリエワのコーチは、現在の女子フィギュアを牽引するエテリ・トゥトベリーゼ氏だ。今季、ジュニアからシニアに上がり、グランプリファイナルで1、2、3フィニッシュを飾ったアリョーナ・コストルナヤ(16)、アンナ・シェルバコワ(15)、アレクサンドラ・トゥルソワ(15)、「天才少女」3人のコーチでもある。しかし、これら天才少女3人をも上回る可能性を、13歳のワリエワは見せた。

 ワリエワの能力の高さについて、フィギュアスケートに詳しいライターの土田亜希子氏はこう解説する。

「13歳とは思えない完成度の高さです。まずジャンプは、フリーで4回転を2回跳んで、1回目はステップアウトしましが、2回目はきっちり決めました。ワリエワのジャンプは、素直な回転をしているので美しく、加点がつきやすい。次にスピンです。本人が、誰にも負けないものは『スピン』、とインタビューで答えているように、高い柔軟性を活かした独創性のあるスピンは素晴らしく、大きな加点がつきます。

 そして表現力。スケートをしていなかったらバレエをやっていたというほど、身体にクラシックバレエの基礎が沁み込んでいる。加えて抜群のスタイルに、儚げな容姿。3拍子も4拍子もそろった、フィギュアスケートをするために生まれてきたような選手です」

関連記事

トピックス