• TOP
  • 芸能
  • 渡部建「文春で告白」の影響、バッシングを加速させた可能性

芸能

2020.06.29 16:00  NEWSポストセブン

渡部建「文春で告白」の影響、バッシングを加速させた可能性

タクシーを呼び荷物を持つなど妻をサポートしていた渡部(2019年2月)

タクシーを呼び荷物を持つなど妻をサポートしていた渡部(2019年2月)

 渡部の復帰時期についても、先行きは見えない。

「ここ数年は有名人の不祥事に対する風当たりはかなり強く、数年間は復帰できないということも珍しくないです。また、今の渡部さんの場合、バッシングの流れのまま、世間が興味をなくすのを待っている状態であり、あまりにイメージが悪く、復帰までの時間が余計にかかってしまう可能性もあります。だからといって、“絶対に会見を開くべき”とは言えないですが、事態をうまく収める何らかの術は、“週刊文春で告白”以外にあったのではないかと思いますね」(前出・大塚氏)

 そもそも渡部が乱れたプライベートを過ごしていたことが問題ではあるのだが、事態はかなり深刻。復帰を目指すのであれば、戦略をしっかりと練る必要がありそうだ。

子供は2018年に生まれたばかり

2018年に生まれた子供を大事に抱える佐々木希

妻と子を見守る渡部だったが(2019年2月)

関連記事

トピックス