国内

雅子さま、異例のエリザベス女王国葬参列 訪英実現しなかった紀子さまの複雑な思い

イギリスではつつがなくお務めを果たされた(9月、イギリス・ロンドン。写真/共同通信社)

イギリスではつつがなくお務めを果たされた(9月、イギリス・ロンドン。写真/共同通信社)

 先頭に立たれた秋篠宮さまに続いて、紀子さまが、安倍晋三元首相の国葬が行われた日本武道館(東京・千代田区)内の祭壇の前に歩みを進められた。黒に身を包まれ、献花の際には秋篠宮さまの一歩後ろに控え、最後にはぎゅっと目を閉じ深い弔意を示された。

 厳かで静謐な空気が流れる一方、会場の外には喧騒が広がっていた。武道館の周囲には600人を超すデモ隊が集まり、「国葬反対」を声高に叫んでいた。その光景をお知りになった紀子さまの胸の内に、どのような思いが去来しただろうか。

 安倍氏の国葬には、秋篠宮ご夫妻をはじめ、7人の皇族方が参列した。ところが、そこに天皇皇后両陛下の姿はなかった。

「そもそも天皇陛下は、誰の葬儀にも参列されないのが慣例です。“けがれ”からは遠ざかるという考えがあるためのようで、『死』はそのけがれの最たるものだからです」(宮内庁関係者)

 だが、そのわずか1週間前の9月19日、日本から遠く離れたイギリスで、両陛下は本来避ける「葬儀」に参列されていた。エリザベス女王の国葬だった。

「両陛下にとって、即位以来はじめての海外訪問でした。コロナ禍になってからは国内の地方公務でさえままならない状態でしたが、両陛下にイギリス留学のご経験があった上、陛下は皇太子時代からエリザベス女王との親交を重ねられており、たってのお気持ちの強さから、異例の“葬儀参列”が実現しました」(前出・宮内庁関係者)

 世界中に生中継されたエリザベス女王の国葬は、荘厳で優雅だった。多くのイギリス国民は、慈愛に満ちたエリザベス女王の死に涙を流し、別れを惜しんだ。一方、2泊4日という過密な訪英日程が雅子さまのご負担にならないかと懸念もされたが、現地での雅子さまの振る舞いは、堂々たるものだった。

「帰路につく際、両陛下が宿泊されたホテルの責任者が見送りに来たのですが、周囲が暗かったこともあり、陛下は気づかず車に乗り込まれそうになりました。その折、雅子さまが前を歩かれる陛下をさっと呼び止められたのです。おふたりは責任者にお礼を述べ、握手を交わされました。きっとお疲れはあったでしょうが、その色を見せることなく、雅子さまは周囲に気を配られていました」(皇室記者)

 だが、前述した慣例に従えば、秋篠宮ご夫妻がロンドンに足を運ばれるはずだった。

「実際、エリザベス女王の訃報が知らされた直後には、宮内庁内部では秋篠宮ご夫妻の訪英の可能性がささやかれました。

 ところが、陛下のお気持ちに加え、イギリスからは葬儀への2名分の招待状が届いた。両陛下を名指しで招待するものではありませんでしたが、英王室と皇室とのこれまでのつながりの強さや、エリザベス女王と両陛下のご関係を考えれば、2名分の招待状がどなたのためのものかは想像がつきます。すぐに両陛下の参列に向けた検討が始まり、秋篠宮ご夫妻の訪英は立ち消えになりました」(前出・宮内庁関係者)

関連記事

トピックス

人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
28年ぶりに『NHK紅白歌合戦』へ出場する篠原涼子
篠原涼子、28年ぶりの紅白歌合戦出場で注目集まる前回超えの「大胆衣装」
週刊ポスト
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
玄関のインターフォンにうつる配達員男性
《告発》「ひとめぼれしました…」60代『出前館』配達員男が女性宅ポストに恐怖の手紙 被害者女性が耳を疑った運営元の対応
NEWSポストセブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
ヒロミと松本伊代
松本伊代「落とし穴」で骨折の重症 収録中に「人間ロケット」花火1万本で大やけどを負った夫・ヒロミの“沈黙”
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン