国内

雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念

いまだ療養中であることに変わりない(2019年6月、東京・港区。写真/JMPA)

いまだ療養中であることに変わりない(2019年6月、東京・港区。写真/JMPA)

 天皇ご一家は11月24日、東京国立博物館(台東区)に足を運ばれ、国宝の特別展をご覧になった。その日の陛下のネクタイは水玉模様のラベンダー色。それと合わせるように雅子さまはラベンダー色のパンツスーツを、愛子さまも同じ色みのカーディガンに紺のスカートをお召しだった。

「ご一家で自然なリンクコーデでした。愛子さまが珍しくタートルネックをお召しになったのは、東京都が推奨する“ウォームビズ”を取り入れられたからでしょう。省エネやSDGsにご関心があるのかもしれません」(皇室ジャーナリスト)

 もうひとつ、愛子さまにはいつもと異なるポイントが見受けられた。

「目元にパールのアイシャドーを入れられ、目の動きが強調されるメイクをされていました。愛子さまはこのところ、ご活動の場所や目的に合わせてメイクを変えられています。見られる立場にあることを意識されているのかもしれません」(前出・皇室ジャーナリスト)

 コロナ禍から徐々に“通常営業”に戻りつつある令和皇室。期待がふくらむ一方、不安の声も聞こえてくる。

 エリザベス女王の葬儀出席のため9月に訪英されたのを機に、両陛下の地方公務が再開された。10月初旬の日帰りの栃木に続き、沖縄や兵庫では宿泊を伴う地方行幸啓にも臨まれた。それでも、“完全復活”とはほど遠いと宮内庁関係者は語る。

「雅子さまはいまだ療養中で、ご快復にはまだ時間が必要でしょう。事前に充分に体調の調整ができる地方公務へはお出ましになっていますが、それも1泊のみで、物足りなさを感じる国民も少なくないはずです」

 それだけではない。周囲が気をもむ理由は、国民から見えないところでの雅子さまのご様子にある。

「最近も、皇居・御所での要人の接遇や事務方との打ち合わせを、体調不良を理由に欠席されることが連続しているというのです。

 一部の宮中祭祀や勤労奉仕団への会釈は皇太子妃時代と変わらずされていません。宮中祭祀はおおむね“陛下のお務め”ではありますが、平成時代には美智子さまがお出になることも多かった。それに比べると、雅子さまは御所にこもられ『お慎み』になる場合が多い。コロナ禍が一段落し、順調に増えてきた公務の反動ではないかと不安視する声もあります」(前出・宮内庁関係者)

関連記事

トピックス

中学の体育祭では応援に熱中する小島
小島瑠璃子「卒アル」コメントが現実に 中国留学直前で両親に贈っていた「5000万円」の“置き土産”
NEWSポストセブン
名古屋・錦に帰ってきたエンリケ
【本人激白】古巣・名古屋に戻った“伝説のキャバ嬢”エンリケ「無銭飲食事件」から「再婚願望」までのすべて
NEWSポストセブン
NHK退職が明らかになった武田真一アナ
NHK武田真一アナ起用報道で南キャン・山里亮太の損得勘定 スッキリ後番組への期待と不安
NEWSポストセブン
三田寛子
三田寛子、本番15分前の「緊急代役」オファーを快諾 神対応の背景に“家計の危機”
女性セブン
「将棋界の異端児」元プロ棋士が元妻誹謗中傷で逮捕 知人に見せていた「妻への執着」
「将棋界の異端児」元プロ棋士が元妻誹謗中傷で逮捕 知人に見せていた「妻への執着」
NEWSポストセブン
立浪監督がいきなり「NO」をつきつけた(時事通信フォト)
WBC目前に中日・高橋宏斗が山本由伸流にフォーム改造 「立浪監督の苦言」に賛否両論の声
NEWSポストセブン
女大鼠(松本まりか)
『どうする家康』で“エリートくのいち”演じる松本まりか 違和感のある髪型が表すもの
週刊ポスト
綾瀬はるかと大泉洋
綾瀬はるか、多忙な中でのトレーニング 秘密兵器は「黒酢大根」、弁当に入れて現場持参も
女性セブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン