国内

愛子さま、抜群の語学力で“完璧すぎる外交デビュー” 将来的に国際ボランティアとして海外で活動も

【CAP】
能登半島地震に関するご進講に出席された際には、ボランティアについて熱心に尋ねられた。(2023年12月、東京・千代田区)
愛子さまは大学での勉強内容について、ケニアの閣僚に英語で説明された。(2月、東京・千代田区)
海外の要人接遇の際には、通訳を介さず自ら英語で話される。(2月、東京・千代田区)

能登半島地震に関するご進講に出席された際には、ボランティアについて熱心に尋ねられた。(2023年12月、東京・千代田区。写真/宮内庁提供)

 大学院進学でも海外留学でもなく、国内での就職を決められた愛子さま。しかし海外への道が完全に閉ざされたわけではない。むしろ、日赤への就職は、日本国民だけでなく、世界中の困難を抱えた人々に寄り添われたいという愛子さまにとって最善の選択だった──。

 天皇陛下と雅子さまに案内されて、2月9日午後、ケニア共和国大統領夫妻が皇居内の午餐会場に入った。続いて姿を見せられたのは秋篠宮さま、そして天皇家の長女・愛子さまだった。席次は、大統領の正面に陛下、左隣に雅子さま、右隣に愛子さま。淡いピンクのセットアップとパールのアクセサリーをお召しになった愛子さまは、頬をやや紅潮させて着席された。

 緊張されるのも無理はない。当初は紀子さまがご出席予定だった午餐だが、胃腸の不調で大事を取って欠席。急遽、愛子さまが参加されることになったのだ。それでも愛子さまは、慎み深い笑みとともに堂々とケニアの公用語であるスワヒリ語で挨拶をされた。

「ハバリ?」(ごきげんよう)

 ケニア大統領夫妻は公式実務訪問賓客として、2月6~9日の日程で日本を訪問しており、両陛下は9日、夫妻と会見され、そののち午餐が開催された。初めての国際親善の食事会、さらに大統領、ケニアの閣僚に挟まれるという重責のかかる席次ながら、愛子さまは積極的に2人に話しかけられたそうだ。

「愛子さまがスワヒリ語で挨拶されると、大統領は“上手ですね”と褒めたそうです。その後もほとんど英語で会話を交わされ、大臣から海外訪問の経験を尋ねられた愛子さまが『イギリスとオランダです』と答えられると、大統領から『3か国目はケニアですね』と“招待”を受けられるという一幕もありました」(宮内庁関係者)

 放送作家のつげのり子さんは、愛子さまの外交デビューについてこう分析する。

「雅子さまが時折愛子さまを気にかけられて目を向けられることもあったそうですが、ご心配をよそに、愛子さまは終始にこやかに会話を楽しまれているようでした。お姿からは、自信も感じられました」

 抜群の語学力をいかんなく発揮された愛子さま。別の宮内庁関係者は、愛子さまの実力に舌を巻く。

「皇室の国際親善において必要なのは、語学力だけではありません。当然、プロトコール(国際儀礼)に通じていなければなりませんし、なにより、先方が興味を示す日本の歴史や文化について、自分の言葉で説明する力が重要です。愛子さまは両陛下のなさりようをおそばで拝見されており、歴史や文化にも造詣が深い。完璧すぎる外交デビューは、愛子さまの素地に裏打ちされているのです」

関連記事

トピックス

伊藤沙莉は商店街でも顔を知られた人物だったという(写真/AFP=時事)
【芸歴20年で掴んだ朝ドラ主演】伊藤沙莉、不遇のバイト時代に都内商店街で見せていた“苦悩の表情”と、そこで覚えた“大人の味”
週刊ポスト
総理といえど有力な対立候補が立てば大きく票を減らしそうな状況(時事通信フォト)
【闇パーティー疑惑に説明ゼロ】岸田文雄・首相、選挙地盤は強固でも“有力対立候補が立てば大きく票を減らしそう”な状況
週刊ポスト
新アルバム発売の倖田來未 “進化した歌声”と“脱がないセクシー”で魅せる新しい自分
新アルバム発売の倖田來未 “進化した歌声”と“脱がないセクシー”で魅せる新しい自分
女性セブン
大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
大ヒット中の映画『4月になれば彼女は』
『四月になれば彼女は』主演の佐藤健が見せた「座長」としての覚悟 スタッフを感動させた「極寒の海でのサプライズ」
NEWSポストセブン
中国「抗日作品」多数出演の井上朋子さん
中国「抗日作品」多数出演の日本人女優・井上朋子さん告白 現地の芸能界は「強烈な縁故社会」女優が事務所社長に露骨な誘いも
NEWSポストセブン
国が認めた初めての“女ヤクザ”西村まこさん
犬の糞を焼きそばパンに…悪魔の子と呼ばれた少女時代 裏社会史上初の女暴力団員が350万円で売りつけた女性の末路【ヤクザ博士インタビュー】
NEWSポストセブン
(左から)中畑清氏、江本孟紀氏、達川光男氏による名物座談会
【江本孟紀×中畑清×達川光男 順位予想やり直し座談会】「サトテル、変わってないぞ!」「筒香は巨人に欲しかった」言いたい放題の120分
週刊ポスト
大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
伊藤
【『虎に翼』が好発進】伊藤沙莉“父が蒸発して一家離散”からの逆転 演技レッスン未経験での“初めての現場”で遺憾なく才能を発揮
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン