国内

【豪勢な新居で深まる苦悩】小室眞子さんの“孤独の日々”マンハッタンで描いた夢は叶わず、相談相手もいない 不規則な生活の圭さんともすれ違い

ニューヨークの物価高が直撃する

ニューヨーク・マンハッタンでの生活に終わりを告げた眞子さん・圭さん

 昨年11月、それまで住んでいたニューヨーク・マンハッタンにあるマンションの賃貸契約が終了した小室眞子さん・圭さん夫婦。ふたりが選んだ新居は、小室さんの勤務先から車で1時間の場所にある高級マンションだった。一帯は子連れファミリーに人気のベッドタウンで、治安の良さも問題ないが、眞子さんが抱える孤独は深まって……。【前後編の後編。前編を読む

「婚約に関する報道が出て以降、圭さんが独断で動いたことはありませんでした」──眞子さんは2021年10月の会見で、結婚に至るまでの筋書きはすべて自らが描いたことを明かした。

 滑り出しはよかった。渡米後、マンハッタンの高級マンションに居を構えた眞子さんは、かねて希望した美術関係の仕事、それも、世界最高峰のメトロポリタン美術館(MET)での仕事にかかわるようになった。支援したのは、METの日本美術キュレーターを担当しているジョン・カーペンター氏。彼は歴代天皇の書道を研究するなど日本美術に造詣が深く、皇室とも縁のある人物だった。

「2022年2月、カーペンター氏翻案、眞子さん執筆という座組で、彼女はMETに所蔵されている掛け軸に描かれた日本画へ解説文書を寄せました。しかし、それが最初で最後の表立った仕事となりました。その後の活躍が聞こえてこないということは、仕事のオファーが来ていないのでしょう。彼女は博士号を持っておらず、ネイティブでもない。世界最高峰の美術館では通用しなかったようです」(在米ジャーナリスト)

 同年9月には、METの館長が会見で「彼女は従業員ではありません」と正式に否定。ますます眞子さんの立ち位置は不都合な状態となる。

「その後、カーペンター氏との関係は事実上決裂してしまったようです。後ろ盾を失った眞子さんが再びMETで仕事を得ることは絶望的といっていいでしょう。また、以前は小室さん夫婦を応援する気持ちのあった日本人が彼らの元から去ったり、新たな支援を断られたりしているという話もあります。ふたりはかつてない“袋小路”に追い込まれているのです」(前出・在米ジャーナリスト)

 時間を見つけてはマンハッタンの美術館やギャラリーを巡る姿がたびたび目撃されていた眞子さん。彼女がマンハッタンで描いた夢は叶わなかった。

「眞子さんの人生において初めての挫折といえるのではないでしょうか。夢破れてマンハッタンを追われるように出た彼女はふさぎこみ、豪勢な新居でほぼ引きこもりのような状態になっているそうです」(別の在米ジャーナリスト)

 それでも眞子さんには、追い込まれた状況を赤裸々に相談できるような相手がいない。実家の秋篠宮家との関係は、いまなお冷え切っているようだ。

「秋篠宮さま、紀子さまとはコミュニケーションを取ることすらないようです。唯一、連絡を取るとしたらその相手は佳子さまのようですが、眞子さんから引き継いだ公務を行ったり、ジェンダー平等に関する発信をしたりと皇室のご活動に精力的に取り組まれている佳子さまとは、以前よりも距離が生まれているとか」(宮内庁関係者)

 唯一の話し相手である小室さんは、現在、法律事務所であるローウェンスタイン・サンドラー(以下、LS)で5つの分野にまたがる関連領域を担当している。

「今年からLSは、複数の日系大企業がクライアントに名を連ね、皇室とも縁の深いアメリカの非営利団体に加入しました。また、小室さんのチームのリーダーは鉄鋼業界に精通しており、日本最大手のメーカー『日本製鉄』の顧問弁護士の座を狙っているようです。

 小室さんに求められているのは、“天皇の姪の夫”という肩書を最大限に利用して、日系大企業との契約にこぎつけることなのでしょう。出社は月に2回ほど、黒塗りのハイヤーの送迎つきだそうですが、日本時間に合わせて仕事をすることも多く、夜遅い時間帯まで拘束されることもあるそうです」(法曹関係者)

 仕事がなく暇を持て余す眞子さんと、仕事に追われ不規則な生活を送る小室さんの“距離”は埋めがたいだろう。

「これまで小室さんを主導してきた眞子さんにとって、いまの状況は相当悔しいものではないでしょうか。自分ならできるという自信が打ち砕かれ、それを誰に相談できるわけでもなく……。小室さんが、仕事後に話を聞いてくれるとも限らないでしょう。孤立無援の引きこもり生活が、小室さんとの亀裂を生んでも不思議ではありません」(前出・宮内庁関係者)

関連記事

トピックス

亡くなったことがわかったシャニさん(本人のSNSより)
《ボーイフレンドも毒牙に…》ハマスに半裸で連行された22歳女性の死亡が確認「男女見境ない」暴力の地獄絵図
NEWSポストセブン
長男・正吾の応援に来た清原和博氏
清原和博氏、慶大野球部の長男をネット裏で応援でも“ファン対応なし” 息子にとって雑音にならないように…の親心か
週刊ポスト
殺害された谷名さんの息子Aさん
【青森密閉殺人】手足縛りプラスチック容器に閉じ込め生きたまま放置…被害者息子が声を絞り出す監禁の瞬間「シングルで育ててくれた大切な父でした」
NEWSポストセブン
竹内涼真と
「めちゃくちゃつまんない」「10万円払わせた」エスカレートする私生活暴露に竹内涼真が戦々恐々か 妹・たけうちほのかがバラエティーで活躍中
女性セブン
史上最速Vを決めた大の里(時事通信フォト)
史上最速V・大の里に問われる真価 日体大OBに囲まれた二所ノ関部屋で実力を伸ばすも、大先輩・中村親方が独立後“重し”が消えた時にどうなるか
NEWSポストセブン
2050年には海洋プラスチックごみが魚の量を上回ると予測されている(写真/PIXTA)
「マイクロプラスチックが心臓発作や脳卒中の原因になりうる」との論文発表 粒子そのものが健康を害する可能性
女性セブン
攻撃面では試行錯誤が続く今年の巨人(阿部慎之助・監督)
広岡達朗氏が不振の巨人打線に喝「三振しても威張って戻ってくるようなのが4番を打っている」 阿部監督の采配は評価するも起用法には苦言
週刊ポスト
大谷が購入した豪邸(ロサンゼルス・タイムス電子版より)
大谷翔平がロスに12億円豪邸を購入、25億円別荘に続く大きな買い物も「意外と堅実」「家族思い」と好感度アップ 水原騒動後の“変化”も影響
NEWSポストセブン
杉咲花
【全文公開】杉咲花、『アンメット』で共演中の若葉竜也と熱愛 自宅から“時差出勤”、現場以外で会っていることは「公然の秘密」
女性セブン
被害者の渡邉華蓮さん
【関西外大女子大生刺殺】お嬢様学校に通った被害者「目が大きくてめんこい子」「成績は常にクラス1位か2位」突然の訃報に悲しみ広がる地元
NEWSポストセブン
京急蒲田駅が「京急蒲タコハイ駅」に
『京急蒲タコハイ駅』にNPO法人が「公共性を完全に無視」と抗議 サントリーは「真摯に受け止め対応」と装飾撤去を認めて駅広告を縮小
NEWSポストセブン
阿部慎之助・監督は原辰徳・前監督と何が違う?(右写真=時事通信フォト)
広岡達朗氏が巨人・阿部監督にエール「まだ1年坊主だが、原よりは数段いいよ」 正捕手復帰の小林誠司について「もっと上手に教えたらもっと結果が出る」
週刊ポスト