芸能

破局の田中みな実アナ 心機一転、報道キャスターを目指せ!

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は、破局した田中みな実アナの今後を占う。

 * * *
『女性セブン』最新号のスクープにより、オリエンタルラジオ藤森慎吾との破局があきらかになった田中みな実アナ。

 交際当初から、「芸人に嫁がせるために娘を育ててきたわけではない」という態度だったと言われる田中みな実アナの母をはじめ、東大出身の姉や厳格な父は、藤森の存在を否定していたようだ。

 ただそれは、テレビで見る“チャラ男”なキャラクターの藤森。本番以外の彼はスタッフや共演者から「真面目」と評される男である。

 私も一度、オリラジとレギュラー番組を2クールやったが、それは彗星のごとく現れ、次から次へと冠番組を担当し、そしてその全てを終了させた高学歴コンビがもっとも悩んでいたときだったように思う。

 その後、“チャラ男”として再ブレイクした藤森がそのキャラをもっとも面白がった『サンデージャポン』(TBS系)で出会ったのが田中みな実アナだった。

 先代で、奔放な発言が売りだった青木裕子アナがメインだった後期から『情報ライブ みな実屋』というレギュラーコーナーをもっていた田中アナ。首をこっくりさせるクセを連発し、それにSE(効果音)をつけられた彼女は、“ぶりっ子”キャラで人気を博した。

 が、そのキャラは藤森の“チャラ男”同様、本来の田中みな実アナのキャラクターとは大きく異なるものだった。

 大先輩で、研修担当だった吉川美代子元アナが語るには、「初めて会ったときから、小林麻耶ちゃんに対しては、『この子、タレントになればいいのに』と思っていた」とのことだ。

 が、田中みな実アナに対しては、そのアナウンス能力や当時のキャラクターから、正統派のアナウンサーとして育てたいと吉川さんは感じていたという。

 田中みな実アナのことは本当に可愛かったようで、彼女がフリーになり、他局のバラエティ番組やトーク番組に出演した際、サプライズゲストとして吉川さんが度々登場していたことでも、それがわかろう。

 では、TBSに内定した頃の田中みな実アナは、どんなキャラクターだったのか。

関連記事

トピックス