芸能

田中邦衛、自宅でリハビリ 『北の国から』新作への期待も

自宅リハビリに『北の国から』続編への期待も

 最後の放送から15年が経っても、いまだに北海道・富良野のロケ地には数多くのファンが足を運ぶ。『北の国から』の続編への期待が膨らむ陰で、独特な演技で人々を魅了した「五郎さん」も復帰に向けた道を着々と進んでいた。

《灯は小さくても いつも暖かい。 “北の国から”》

 横浜市内のとある飲食店の壁に、そう力強く書かれた少し日焼けした1枚のサイン色紙が飾られている。日付は「2007年春」。綴ったのは田中邦衛(84才)だ。

 表舞台から姿を消して7年、老人ホームでの闘病生活2年。田中は今、自宅で必死にリハビリにはげんでいるという。

 主演の石坂浩二(76才)の脇を固めたのは、元妻・浅丘ルリ子(77才)と、元恋人・加賀まりこ(73才)。八千草薫(86才)やミッキー・カーチス(79才)、藤竜也(76才)といった往年の大スターが顔を揃え、野際陽子さん(享年81)の遺作となった。9月29日、話題をさらった『やすらぎの郷』(テレビ朝日系)が最終回を迎えた。

「ドラマの放送が終わったらガクッときて、“やすらぎの郷ロス”になるんじゃないかな」

 脚本を担当した倉本聰さん(82才)は、本誌・女性セブンのインタビューにそう答えていた。だが倉本さんには、すでに多くのファンから次回作への期待が寄せられている。

 それは国民的ドラマとして親しまれた『北の国から』(フジテレビ系)の続編だ。

 1981年から翌1982年にかけて連続ドラマとして放送され、1983年から2002年までに8本のスペシャル版が制作された同ドラマは、田中演じる黒板五郎が、純(吉岡秀隆・47才)と蛍(中嶋朋子・46才)を連れて生まれ故郷の北海道・富良野に帰ってくるところから物語が始まる。北海道の厳しい大自然の中で家族3人で懸命に生きる様子と、小学4年生だった純と2年生だった蛍の成長物語としても人気を博し、スペシャル版は常に視聴率20%超えを記録した。

 列車の窓から手を振る母・令子(いしだあゆみ・69才)を追って川縁を走る蛍。五郎が1人で作り上げた丸太小屋の焼失。岩城滉一(66才)演じる草太兄ちゃんの事故死──挙げたらキリがないほどの名場面に彩られた同ドラマには、しかし、2002年の『遺言』を最後に続編は作られないままでいる。

「連ドラ当時から携わったスタッフの高齢化や、北海道での過酷な長期ロケと制作費の高騰などさまざまな事情から、『遺言』でシリーズに幕が下ろされたことになっています。ですが、倉本さんの頭の中には最終章の構想がしっかりとあるんです。『やすらぎの郷』を終えたこのタイミングであればもしかして…とファンだけでなくテレビ業界でも待望論が持ち上がっています」(芸能関係者)

関連記事

トピックス

目黒蓮
《独占キャッチ》目黒蓮がミラノでのFENDIコレクション参加 帰国時もジャケットとスニーカーはきっちりFENDIの“アンバサダーの鑑”
女性セブン
ギヨーム皇太子とがっちり握手(2024年6月、東京・港区。写真/宮内庁提供)
悠仁さま、英語力は「コミュニケーションは問題なし」 ルクセンブルクの皇太子との夕食会は“通訳なし”、NHKの英語副音声で勉強か
女性セブン
25年以上も趣味で歌い続けたジャズのコンサートを昨年行った吉川美代子
長野智子アナはラジオ帯番組で“アップデート”、吉川美代子アナはいまもTBSの研修を担当【女性キャスターたちの現在地】
女性セブン
《ダンスがつなぐ笑顔の交流》佳子さま、「ドレミファダンスコンサート」を鑑賞 マツケンサンバにあわせてボンボンを振られる一幕も
《ダンスがつなぐ笑顔の交流》佳子さま、「ドレミファダンスコンサート」を鑑賞 マツケンサンバにあわせてボンボンを振られる一幕も
女性セブン
中尾彬さんの相続に関し、元妻が告白
【終活は万全に見えたが…】中尾彬さんに相続問題浮上 法定相続人である“元妻との息子”への連絡は一切なし、元妻が告白「怒っています」
Wエースの髙橋藍
バレーボール男子日本代表 石川祐希、高橋藍ほか注目選手たちの代表戦でしか見られないカット
女性セブン
ご出席がかなうかどうかはご体調次第(5月、栃木県塩谷郡。写真/JMPA)
雅子さまの訪英に主治医「極秘同行」か 全ての日程にご出席を果たして「完全復活」を証明するための“安心材料”に
女性セブン
大谷翔平の自宅暴露報道が波紋を呼んでいる(写真/Getty Images)
《出禁騒動》大谷翔平を激怒させたフジテレビ、『イット』や『めざまし8』で新居の所在を暴露 メジャー機構も調査開始か
女性セブン
空港で機内にチェックインする際、マスクを外して本人確認をする小室さん夫妻
《現地紙も報道》小室圭さんがNYの高級ホテルで行われた晩餐会に 参加者は日米財界を代表する団体、企業のトップや幹部ばかり
女性セブン
なぜ佳子さまを含む秋篠宮家について取り上げないのか(時事通信フォト)
佳子さまを取り上げない「宮内庁の公式インスタグラム」 今後の予定はあるのか?聞いてみた
週刊ポスト
性的暴行で逮捕された山縣秀彰容疑者(本人FBより)
《路上で性的暴行》逮捕の「都寿司」店主がわいせつ5日後に「ごちそうさま」SNSアップ 2年前の先代逝去から「人が変わった」
NEWSポストセブン
杉咲花
【ファッション上級者】杉咲花と若葉竜也「私生活はゆるふわシャカシャカ」お似合いカップルコーデ「実は超有名ブランド」
NEWSポストセブン