• TOP
  • 芸能
  • 紅白歌合戦の司会とゲスト、続々とビッグネームへの憶測出る

芸能

2017.10.25 07:00  女性セブン

紅白歌合戦の司会とゲスト、続々とビッグネームへの憶測出る

司会者、出場者にサプライズの動き(HPより)

 今年のNHK紅白歌合戦には、候補に初出場のB’zにオファーといった目玉オファーの声が聞こえてくるが、出演者同様、司会者にもサプライズの動きがあるという。

「渡辺直美さん(29才)が司会候補に挙がっていると、スポーツ紙に報じられました。実現すれば、上沼恵美子さん(62才)以来22年ぶりにお笑い界からの司会誕生となります。ただ、彼女1人では少々厳しいでしょうね。それに、彼女のお腹を出したりする芸風を紅白の視聴者層がどうとらえるか。NHKでいちばんクレームがくるのが紅白ですから(笑い)」(NHK関係者)

 松本人志(54才)や中居正広(45才)が司会という仰天情報も。

「番組のマンネリを打破したいという思いがあり、候補の名前には挙がったそうです。2人のコンビも見てみたいですが、松本さんは毎年裏番組に出演しているので、可能性は低いですね」(テレビ局関係者)

 より現実的なのはタモリ(72才)だろう。

「待望論が根強いです。もしもタモリさんの司会が実現したら、元SMAPの香取慎吾くん(40才)、草なぎ剛さん(43才)、稲垣吾郎さん(43才)の出演という奇跡も夢ではありません」(芸能関係者)

 とはいえ、昨年同様白組は嵐のメンバー、紅組は朝ドラのヒロインになりそうだ。

「昨年から2020年まで嵐のメンバーが順番で担当するという計画で、昨年は相葉雅紀さん(34才)でした。今年は大野智さん(36才)と櫻井翔さん(35才)が噂されていますが、1人だけではなく2~3人での出演の可能性もあるそう。女性は有村架純さん(24才)が大本命。昨年の経験もあり、なにより『ひよっこ』のヒロインでしたから」(スポーツ紙記者)

◆さんまとしのぶの元夫婦共演

 紅白はゲストも豪華だが、今年その筆頭に挙がっているのは明石家さんま(62才)だ。

「昨年、ラジオで『来年か再来年なら司会をやってもいい』と発言していますし、昨年は元妻の大竹しのぶさん(60才)が初出場しています。

 司会を担当する前に、昨年のタモリさんとマツコ・デラックスさん(44才)のような形で、元夫婦共演で歌だけでなく笑いで盛り上げることを期待されています」(スポーツ紙記者)

 朝ドラメンバーの再集結も定番だ。

「司会が有村さんなら、『ひよっこ』の出演陣は間違いなく出るでしょう。今話題の竹内涼真くん(24才)もいるので、NHKとしては願ってもないはずです」(ドラマ関係者)

 お笑い界からはこのトリオが登場しそう。

「ブルゾンちえみwith Bです。昨年のピコ太郎や渡辺直美さんのような立場で盛り上げることでしょう。24時間テレビでマラソンに挑戦したこともあって、知名度も充分」(前出・スポーツ紙記者)

 発表まであと1か月!

※女性セブン2017年11月2日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス