• TOP
  • 芸能
  • 集中治療室の若嶋津を見守る高田みづえ 32年の夫婦の歩み

芸能

2017.10.26 07:00  女性セブン

集中治療室の若嶋津を見守る高田みづえ 32年の夫婦の歩み

病院で不安な表情を見せるみづえさん

「歌は大好きですが、それ以上に素敵な人に出会えたのですから」。32年前、最後のステージでそう言い残し、マイクを置いた元アイドル歌手・高田みづえさん(57才)。先日、最愛の夫である元大関・若嶋津(現・二所ノ関親方、60才)が倒れた。唐突に夫婦の眼前に現れた「硝子坂」に、今や“角界一の女将さん”になったみづえさんが向かい合っている──。

 190cm近くある大柄で寡黙な親方の周りを、150cmちょっとと小柄な女将さんが笑顔で動き回る。千葉県船橋市にある「二所ノ関部屋」を支える親方夫婦の二人三脚ぶりは、角界でも有名だ。

「東京場所後の千秋楽パーティーをホテルの宴会場で行う相撲部屋は多いが、二所ノ関部屋は、自分の部屋でやるんです。女将さんを中心に女性スタッフが総出で、いなり寿司や鶏の唐揚げなど手料理150人分を振る舞います。盛り上がってきたときの余興は、女将さんが歌う『硝子坂』や『私はピアノ』。目を細めて歌声に聞き入る親方の優しい表情が忘れられません」(後援会関係者)

 現役時代は「南海の黒豹」の異名を取り、絶大な人気と実力を誇った元大関・若嶋津と、その妻で元アイドル歌手の高田みづえさん。30年以上共に歩んできたおしどり夫婦が今、力を合わせて土俵際で踏ん張っている。

 船橋市内の路上で倒れていた若嶋津が発見されたのは10月19日午後4時すぎのことだった。すぐ市内の病院に搬送されて緊急手術を受けた。

「近所の入浴施設でサウナに入って、自転車で自宅に帰る途中で転倒し、頭を強く打ちました。頭蓋骨を骨折し、脳を損傷する脳挫傷を起こしたようです。一時は意識不明の重体と報じられましたが、4時間半にわたる開頭手術が成功し、すぐに命に別状がある状態からは脱しました。ただ、まだ意識が戻らない状態にあるようです」(スポーツ紙相撲担当記者)

 サウナでも体調が悪そうで従業員に介抱されていたり、何度も道の横の畑に倒れ込んでいた、という証言もある。

「病名は公表されていないので詳細は不明ですが、自転車で倒れて強く頭を打つ前に、軽い脳出血を起こしていた可能性はあります。その日の天候は、12月中旬並みの寒波でした。寒いところから急に熱いサウナに入ったり、逆にサウナから冷たい水風呂に入ったりすると、血圧が急上昇して脳卒中や虚血性心疾患が起こりやすい。そんな『ヒートショック』と呼ばれる現象が起きていた可能性は否定できません」(国立国際医療研究センター病院・宮原牧子医師)

 いまだ昏睡状態から目を覚まさずICU(集中治療室)に入っている若嶋津の傍らには、片時も離れずに妻のみづえさんが寄り添っている。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス