芸能

注目の夏ドラマ続々、吉岡里帆は主演女優定着への正念場か

吉岡里帆は“主演女優”としての正念場か?

「この度は、この私を“ご採用”いただき、心より御礼申し上げます。つきましては、みゆきちゃんに感謝の意を表したいと思います」

 恋人の娘に新しいママとして認めてもらった主人公・亜希子はシャツを胸の下までめくりあげ、顔の絵が描かれたお腹を大胆に露出。体をくねくねとひねらせながら、“顔”の表情を変化させた──。

 綾瀬はるか(33才)の腹芸に度肝を抜かれた『義母と娘のブルース』(TBS系)は初回視聴率11.5%。自閉症スペクトラム障がいの研修医を演じる山崎賢人(23才)主演の『グッド・ドクター』(フジテレビ系)も11.5%。さらに沢村一樹(51才)を主演に迎えたフジテレビの月9『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』は10.6%。ポンポンポンと2桁発進が相次ぎ、今クールのドラマは豊作の予感だ。

◆コミカルからシリアスまで、個性派原作ものが充実

 まず注目すべきは原作もの。過去にも原作があるドラマは数あれど、今クールは個性派漫画を原作にしている作品が多いのが特徴だ。

 20日にスタートする『透明なゆりかご』(NHK)の原作は、沖田×華(おきたばっか)さんによる同名漫画。沖田さんが産婦人科医院で看護師見習いとして体験した実話をもとに描かれている。物語は、主人公が中絶後の胎児の遺体を専用ケースに入れて火葬業者にわたすところから始まる衝撃的なストーリー。発表以来、「読むのがつらいが知っておかなければならない現実がある」とSNSを中心に反響を呼び、原作は6巻で325万部を突破した。実写化にあたり、朝ドラ『あさが来た』(2015年・NHK)で女優デビューした清原果耶(16才)が主役に抜擢された。

 ライターでドラマウオッチャーの吉田潮さんは、この作品をNHKが手がけることに期待を寄せる。

「きれいごとでは終わらない、シビアな問題をきちんと描いた原作が素晴らしい。主演の清原さんは朝ドラ女優とはいえまだまだ若いし、演技は未知数。彼女がひとりの女性の成長をどう演じていくのかは見ておきたい」(吉田さん)

関連記事

トピックス

大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
千鳥の2人が笑いに変えてくれる安心感
《『すぽると』も!》重用か依存か、フジテレビの千鳥起用がさらに進む背景 他局に比べてレギュラーの数が突出
NEWSポストセブン
2019年、明治大学を卒業した斎藤ちはる
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2020~】斎藤ちはる、竹俣紅らタレント揃いで「新人らしからぬ完成度の高さ」が共通点
週刊ポスト
岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
NEWSポストセブン
小池徹平、『離婚しない男』“クズな間男”怪演の裏に脚本家・鈴木おさむとの絆「おさむさんの最後の作品だから、何でもやります」
小池徹平、『離婚しない男』“クズな間男”怪演の裏に脚本家・鈴木おさむとの絆「おさむさんの最後の作品だから、何でもやります」
女性セブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
結婚相手について語った大谷翔平
《大谷翔平が電撃婚》新妻を待ち受ける「奥様会」と「過激ファン」の洗礼 田口壮夫人は「生卵をぶつけられた人もいた」
NEWSポストセブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン