芸能

注目の夏ドラマ続々、吉岡里帆は主演女優定着への正念場か

吉岡里帆は“主演女優”としての正念場か?

「この度は、この私を“ご採用”いただき、心より御礼申し上げます。つきましては、みゆきちゃんに感謝の意を表したいと思います」

 恋人の娘に新しいママとして認めてもらった主人公・亜希子はシャツを胸の下までめくりあげ、顔の絵が描かれたお腹を大胆に露出。体をくねくねとひねらせながら、“顔”の表情を変化させた──。

 綾瀬はるか(33才)の腹芸に度肝を抜かれた『義母と娘のブルース』(TBS系)は初回視聴率11.5%。自閉症スペクトラム障がいの研修医を演じる山崎賢人(23才)主演の『グッド・ドクター』(フジテレビ系)も11.5%。さらに沢村一樹(51才)を主演に迎えたフジテレビの月9『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』は10.6%。ポンポンポンと2桁発進が相次ぎ、今クールのドラマは豊作の予感だ。

◆コミカルからシリアスまで、個性派原作ものが充実

 まず注目すべきは原作もの。過去にも原作があるドラマは数あれど、今クールは個性派漫画を原作にしている作品が多いのが特徴だ。

 20日にスタートする『透明なゆりかご』(NHK)の原作は、沖田×華(おきたばっか)さんによる同名漫画。沖田さんが産婦人科医院で看護師見習いとして体験した実話をもとに描かれている。物語は、主人公が中絶後の胎児の遺体を専用ケースに入れて火葬業者にわたすところから始まる衝撃的なストーリー。発表以来、「読むのがつらいが知っておかなければならない現実がある」とSNSを中心に反響を呼び、原作は6巻で325万部を突破した。実写化にあたり、朝ドラ『あさが来た』(2015年・NHK)で女優デビューした清原果耶(16才)が主役に抜擢された。

 ライターでドラマウオッチャーの吉田潮さんは、この作品をNHKが手がけることに期待を寄せる。

「きれいごとでは終わらない、シビアな問題をきちんと描いた原作が素晴らしい。主演の清原さんは朝ドラ女優とはいえまだまだ若いし、演技は未知数。彼女がひとりの女性の成長をどう演じていくのかは見ておきたい」(吉田さん)

関連記事

トピックス

雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
小倉優子が勉強
小倉優子、密着番組リニューアルでも猛勉強継続 早稲田大学以外も受験予定
女性セブン
長井秀和が語る“創価学会芸能人あるある”「選挙の時だけ顔を出して小遣いを稼ぐ」
長井秀和が語る“創価学会芸能人あるある”「選挙の時だけ顔を出して小遣いを稼ぐ」
女性セブン
人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン