• TOP
  • 芸能
  • 中居正広&滝沢秀明「クーデター起こすくらい…」と固い約束

芸能

2019.01.05 07:00  女性セブン

中居正広&滝沢秀明「クーデター起こすくらい…」と固い約束

中居&滝沢、電撃共演の舞台ウラ

 新年の幕が開けた1月1日未明の東京ドーム。周辺は熱狂の余韻に浸るかのように、人が溢れかえっていた。その喧騒をかき分けるように、タレントを乗せた車が続々と出てくる。

 多くの車が次の仕事先や、ジャニーズ事務所恒例の初詣のため神奈川県にある川崎大師に向かうなか、滝沢秀明(36才)を乗せた車は自宅マンションへと帰っていった。

 一方、その前夜、都内で行われた「忘年会」に、中居正広(46才)は参加していた。関係者らとの飲み会は盛り上がったという。その会場のすぐ近くを、香取慎吾(41才)が通りかかったのが目撃された。

 年末年始にかけて、さまざまな思いを抱えて動いた滝沢と中居。2人には、知られざる誓いがあった──。

 東京ドームで開催される年末恒例のジャニーズ事務所のカウントダウンコンサート(通称、カウコン)。平成最後の大晦日に主役となったのは、「タッキー&翼」だった。

 生田斗真(34才)や山下智久(33才)らがバックダンサーを務めるなか、滝沢と今井翼(37才)は、『Venus』や『夢物語』などのヒット曲を熱唱した。近藤真彦(54才)、東山紀之(52才)から花束を渡された滝沢は芸能生活を締めくくるラストステージにも涙を見せず、「23年間、めちゃくちゃ楽しかったです」と感謝の言葉を口にした。

「“泣かない男”として知られるタッキーらしいフィナーレでした。このカウコンはテレビ(フジテレビ系)でも生放送され、視聴率は過去最高の15.5%と注目は高かったです」(テレビ局関係者)

 昨年末、芸能界引退を控えた滝沢はテレビ番組に多く出演した。約20年ぶりに復活した『8時だJ』(テレビ朝日系)では今は大親友という関ジャニ∞の村上信五(36才)と長く不仲だったと告白して話題となった。

 なかでもファンを驚かせたのが、12月28日に放送された『中居正広のキンスマスペシャル』(TBS系)に、滝沢が出演したことだった。

「ジャニーズ事務所の中でも、独自路線を走ったSMAPとジャニーズJr.時代から舞台を中心にジャニー社長の側で仕事を見つめ続け『小さいジャニーさん』と称されたこともある滝沢さんは、これまで交わることがほとんどありませんでした。ですから今回の中居&滝沢タッグはテレビ界でも大きな話題になりました。この2人がここまで親密になっていたとは、驚きました」(前出・テレビ局関係者)

◆花道を飾りたいと番組出演を提案

 今回の『キンスマ』では、2人の秘められた胸の内が赤裸々に語られた。今井がメニエール病の治療に専念するため事務所を退社し、滝沢が芸能界を引退してプロデュース業に専念することを発表したのは昨年9月13日。滝沢の連絡先を知らなかった中居は、滝沢のニュースを聞いてすぐにマネジャー経由で連絡先を聞いたという。滝沢は、「いちばん最初に連絡をくれたのが中居くんでした」と明かし、番組で、当時のことをこう振り返った。

「中居くんから連絡をいただいて。“今のタキツバは点だと。ちゃんと丸をつけて活動を終了させなさい”と言ってくれたんですね。ぼくはその言葉が重くて、重いんですけど、やらなければいけないなとハッとなったんです」

 それを受けた中居が、

「ぼく個人が(幕引きを)怠った人間で、まるで幕引きができなかったので…」

 と、SMAP解散時の後悔を口にする場面もあった。滝沢は中居の進言により、ジャニーズのカウコンに「タッキー&翼」として出演することを決意した。

関連記事

トピックス