• TOP
  • 芸能
  • 内田裕也さん“内縁妻”と本木夫婦が「お別れ会」巡り衝突

芸能

2019.03.27 16:00  女性セブン

内田裕也さん“内縁妻”と本木夫婦が「お別れ会」巡り衝突

希林さんの葬儀に出席した内田裕也さん

 亡くなった内田裕也さん(享年79)のマネジャー・Aさんと、内田さんの長女・内田也哉子(43才)本木雅弘(53才)夫妻との間に大きな溝ができているという──。

 その日の天候は、彼女の死に悲しみ暮れるかのような雨模様だった。半年前の9月30日。樹木希林さん(享年75)の告別式が東京・光林寺で行われ、多くの有名人が樹木さんに感謝の言葉を述べ、最後の別れを告げていた。そんな中、喪主の内田裕也さんは口を真一文字に閉じたまま、一言も発さなかった。

 その内田さんの車椅子を、甲斐甲斐しく押す1人の女性。彼女は内田さんのマネジャーAさん。16年間、公私にわたり内田さんの身の回りの世話をしてきた。特に内田さんの晩年は家族よりも近くで彼を支え続けてきた。そんな彼女を内田さんの周囲は「裕也さんの奥さん」と呼んで──。

 3月17日、肺炎のため内田さんが亡くなった。樹木さんの死から半年、後を追うような最期に、報道陣は内田さんの自宅に集まった。

「Aさんは内田裕也オフィスの社長でもあります。Aさんは報道陣に、自宅には集まらないでほしいと伝えたうえで『22日に近親者のみで葬儀を行うこと』と『お別れ会は3月30日に大きな会場で行いますから』とアナウンスしました。でも、お別れ会の日程はすぐに取り消されたんです」(スポーツ紙記者)

 22日に行われた内田さんの葬儀後、報道陣に対応したのが内田さんの長女・也哉子の夫・本木だった。

「本木さんは会見で、Aさんが裕也さんの闘病に付き添い身の回りの世話をしてくれていたことにふれたうえで、お別れ会については『まだ決まっていない』とキッパリ言い切ったのです。そして実際、30日から4月3日に変更になりました。実は、Aさんのアナウンスが急きょ変更になった“事件”はこれだけではありません。今、本木さんら内田さんのご家族とAさんの間には大きな溝ができているようなのです」(前出・スポーツ紙記者)

◆最期は自宅で看取りたかった

 内田さんは樹木さんと結婚した1973年の1年半後、別居を始めた。その生活は40年以上にもおよぶ。家族がそろうのは年に1回の写真撮影だけで、年々、交流は少なくなった。そこで、内田さんを献身的に支えたのがAさんだった。

「4年ほど前に裕也さんが体調を崩したときも家族を頼らず、Aさんのサポートを受けていました。Aさんが内田裕也オフィスの社長になったのは今から10年ほど前のことです。希林さんや本木さん、也哉子さんもAさんの存在は知っていました。Aさんは、今はセレブマダム風ですが、もともとファッション業界で活躍されていて有名なかたでした。いつも裕也さんのそばに寄り添って“内縁の妻”と見られていました」(芸能関係者)

 そして、「お別れ会」をめぐって事件が起きた。

関連記事

トピックス